トップ > まなび・あそび > 文化財・歴史 > 指定文化財 > 高良大社所蔵歴史資料の調査の実施について

高良大社所蔵歴史資料の調査の実施について

更新日:201902251607


高良大社所蔵歴史資料の調査を実施しています

高良大社社殿

事業目的

高良山は古代から近世にかけて、筑後国の政治・軍事・宗教上の重要拠点で、近代以降は久留米市を代表する観光名所の一つにもなっています。
久留米市では、平成29年度より高良山エリアにおいて、文化財の状況把握と、保存活用のための基礎資料の作成を目的に、高良山総合調査を開始しました。その第1次調査として、平成29年度より3か年の計画で高良大社所蔵歴史資料調査を実施しています。

事業概要

「平成30年度国庫補助金地域活性化のための特色ある文化財(美術工芸品)調査・活用事業「高良大社所蔵歴史資料調査」PDFファイル(251キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

調査の様子

古文書の裏に何が書かれているかを確認している様子
古文書の裏に何が書かれているかを確認しています

大太刀の身幅や反りを計測している様子 
大太刀の身幅や反りを計測しています

 調査した文化財を一つ一つ撮影している様子
調査した文化財は一つ一つ撮影をして画像を残します

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部文化財保護課
 電話番号:0942-30-9225 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ