トップ > 子育て・教育 > 子育て支援 > 子ども・子育て支援新制度 > 第2期くるめ子どもの笑顔プラン

第2期くるめ子どもの笑顔プラン

更新日:202006181420


平成27年(2015年)3月に策定した「くるめ子どもの笑顔プラン」が令和元年度(2019年度)末をもって終了することから、第1期計画での取組での成果と課題、子育て家庭の子ども・子育て支援に関するニーズなどを踏まえ、令和2年度(2020年度)から令和6年度(2024年度)までの5年間を計画期間とした「第2期くるめ子どもの笑顔プラン」を策定しました。
なお、本計画は「久留米市子ども・子育て会議」において、年度ごとに計画の実施状況について点検・評価を行います。

久留米市の子ども・子育て支援の基本的な考え方

子どもは社会の希望であり、未来をつくる存在です。子どもを権利の主体として捉え、子どもの権利を社会全体で守っていきます。子どもの育ちや子育てを社会全体で支援し、地域で支え合い、安心して子どもを生み育てられる環境づくりを進めます。こうしたことにより、全ての子どもが夢や希望をもって成長できるまちを目指し、「子どもの笑顔があふれるまちづくり」を基本理念として、子ども・子育て支援に取り組みます。

基本理念

子どもの笑顔があふれるまちづくり

基本視点

  1. 子どもの幸せを最優先する
  2. 子どもと子育て家庭を社会全体で支える
  3. 子育て家庭の多様化・複雑化した課題に対応する
  4. 利用者の視点に立った切れ目なく質の高い支援を行う

基本目標

  1. 安心して生み 育てられる環境づくり
    • 成果指標(令和6年度の目標値)
      • 子育てしやすいまちと思う人の割合
        現状値(令和元年度)75.0%、目標値(令和6年度)80.0%
      • 待機児童数
        現状値(令和元年度)54人、目標値(令和6年度)0人
  2. 子ども・子育てを支え合う地域づくり
    • 成果指標(令和6年度の目標値)
      • ワーク・ライフ・バランスの環境整備が進んだと思う人の割合
        現状値(令和元年度)40.8%、目標値(令和6年度)50.0%
      • 子育て中の人が地域で交流できる場の数
        現状値(令和元年度)42か所、目標値(令和6年度)58か所
  3. 子どもの健やかな育ちを保障できる社会づくり
    • 成果指標(令和6年度の目標値)
      • 自分にはよいところがあると思う児童生徒の割合
        現状値(令和元年度)小学6年生77.4%・中学3年生67.8%、目標値(令和6年度)小中学校ともに全国平均以上
      • 子どものいる生活困難世帯の割合
        現状値(平成29年度)22.1%、目標値(令和6年度)19.6%

子ども・子育て支援の推進と本計画

計画の期間

令和2年~令和6年度(5年間)

第2期くるめ子どもの笑顔プラン

第2期くるめ子どもの笑顔プラン(全文)

このページについてのお問い合わせ

 子ども未来部子ども政策課
 電話番号:0942-30-9227 FAX番号:0942-30-9718 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ