トップ > くらしの情報 > 住宅・建築物 > 建築物を建てるとき > 建築協定

建築協定

更新日:201805221121


建築協定の概要

建築協定とは

建築協定とは、地域のより良い環境を守り創っていくために、地域全員の合意のもとで建築基準法に定められている基準以上の、建築物に関する独自の基準を定めて、お互いに守りあっていくことを約束する制度です。

なぜ建築協定が必要か

建築協定は、地域の実情に見合った基準を定めることが出来るため、マンション建設などに伴う建築紛争を未然に防ぐことにつながります。

建築協定で定めること

地域の特性に応じたまちづくりを行うために、次のような内容についてきめ細やかな基準を決めることができます。

建築協定を結ぶには

建築協定を結ぶまでの流れは次のとおりです。

  1. 住民による話し合い
  2. 住民全員の合意
  3. 久留米市へ申請
  4. 市長の認可
  5. 建築協定締結

建築協定を結んだ後は

建築協定は、地域の土地の所有者等が基準をつくりお互いに守っていくことを約束したものですから、協定締結者の代表によってつくられる建築協定運営委員会(任意組織)によって守っていきます。

久留米市内の建築協定区域

建築協定の名称をクリックすると区域が確認できます。

詳細な内容については建築協定マニュアルをご覧下さい。PDFファイル(568キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部建築指導課
 電話番号:0942-30-9089 FAX番号:0942-30-9743 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ