トップ > くらしの情報 > 上下水道 > 水質について > 久留米市のおいしい水のひみつについて

久留米市のおいしい水のひみつについて

更新日:201906200855


おいしい水ってどんな水?

水は、一般的に、水の味をおいしくするものが適度に溶け込んでいて、しかも、水の味を悪くするものが少なければおいしく感じられます。また、飲むときの水温も大事です。

おいしい水の要件とは

おいしい水がどんなものかを示す一つの指標として用いられているのが、1985年に厚生省(現厚生労働省)の「おいしい水研究会」が発表した「おいしい水の要件」です。水中に含まれているミネラルや残留塩素の量、水温などといった7つの項目について、数値を定めたものです。

おいしい水の要件と久留米市の水質検査結果

(1)蒸発残留物(ミネラルの含有量)

久留米市の水道水は、ミネラルが適度に含まれていて、コクのあるまろやかな味がします。

(2)硬度(ミネラルの中で量的に多いカルシウム、マグネシウムの含有量)

久留米市の水道水は、硬度が低い軟水で、クセがない飲みやすい味です。

(3)遊離炭酸(水中に溶けている炭酸ガス)

久留米市の水道水は、遊離炭酸が適度に含まれています。

(4)過マンガン酸カリウム消費量(有機物の含有量)

久留米市では、有機物については水質基準項目の有機物量(TOC量)で管理しているため、過マンガン酸カリウム消費量は測定しておりませんが、久留米市の水道水は、有機物量(TOC量)は少なく、まろやかな味です。

(5)臭気強度(水につくにおいの強さ)

久留米市の水道水の臭気は、1未満と低い値になっています。

(6)残留塩素(水に残留している、消毒用の塩素)

久留米市の水道水の残留塩素の濃度は、水道法に基づき0.1ミリグラム/リットル以上を保持し、なるべく低い値で管理しています。

(7)水温(水の温度)

冷たい水は、おいしいと感じます。夏場は水温が上がるので、冷やすとさらにおいしくなります。

このページについてのお問い合わせ

 上下水道部浄水管理センター
 電話番号:0942-43-5826 FAX番号:0942-43-7910 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ