トップ > くらしの情報 > 環境・ごみ・リサイクル > 生ごみ減量・3R > 乾燥生ごみ活用事業

乾燥生ごみ活用事業

更新日:201806071425


自家処理できない乾燥生ごみと野菜を交換します

乾燥生ごみ回収事業のイメージ  毎日出る乾燥生ごみを電動式生ごみ処理機で処理します。できた処理物は、透明か半透明の袋に入れて、毎月第3日曜日に上津クリーンセンターの敷地内で行われるサンデーリサイクルへご持参ください。回収した処理物は農家で堆肥として活用されます。処理物をお持込みいただいた方には、1キログラムごとに1ポイントを付与し、4ポイントで季節の野菜を交換します。  家庭用電動式生ごみ処理機でできた「乾燥生ごみ」のうち、自家消費できないものを回収する事業を実施しています。
 回収した「乾燥生ごみ」は、生産者の手で堆肥として野菜づくりに活用します。
 また、持参していただいた「乾燥生ごみ」の数量に応じて、ポイントを付与し、季節の野菜と交換できます。

回収について

回収から交換までの流れ

(注意)堆肥として活用しますので、乾燥が不十分なもの、虫が発生しているもの、異物が混入しているものなどは引き取れません。

利用者の声

乾燥生ごみを回収  乾燥生ごみを計量し回収

このページについてのお問い合わせ

 環境部資源循環推進課
 住所:久留米市荘島町375
 電話番号:0942-37-3342 FAX番号:0942-37-3344 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ