トップ > 暮らし・届出 > 住宅・建築物 > 空き家の適正管理(放置空き家対策) > 久留米市の放置空き家対策について

久留米市の放置空き家対策について

更新日:202204010004


空家等の適切な管理をお願いします

近年、空家等の増加とともに、放置された空家等が問題化しています。平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法(以下、「法」という。)」が施行され、本市では令和3年3月に「久留米市空家等の適切な管理に関する条例(以下、「条例」という。)」を改正、同年5月に施行しました。

法において、空家等の所有者等(所有者又は相続人、管理人を含む)の責務が規定されています。所有者等の皆さまは、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理をお願いします。

法や条例の措置の対象となる空家等

特定空家等(法第2条第2項)

特定空家等となるおそれがある空家等(条例第5条)

空家等、特定空家等となるおそれがある空家等、特定空家等の流れを示している画像

市の対応の流れ

特定空家等となるおそれがある空家等に対する措置

  1. 助言又は指導(条例第5条)…改善されない場合、特定空家等として法に基づく措置へ

特定空家等に対する措置

  1. 指導(法第14条第1項)
  2. 勧告(法第14条第2項)…勧告された場合、住宅用地の特例が解除(土地の固定資産税が増)
  3. 命令(法第14条第3項)…違反した場合、過料が発生
  4. 氏名等の公表(条例第6条)…所有者等の氏名や住所等を公表
  5. 行政代執行(法第14条第9項)…費用は所有者等へ請求し回収

特定空家等となるおそれがある空家等及び特定空家等に対する措置の説明画像

自主解体に対する制度

関係法令

取り組み状況

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部建築指導課
 電話番号:0942-30-9089 FAX番号:0942-30-9743 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ