トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・年金・医療 > 国民年金の給付 > 障害基礎年金

障害基礎年金

更新日:201904010000


障害基礎年金とは

国民年金に加入している人や、老齢基礎年金を受ける資格のある人が、原則として、国民年金の被保険者期間中に初診日がある病気・けがで障害者になって、障害の程度が国民年金法で定める1、2級に該当するときに支給されます。ただし、年金保険料の納付要件があります。また、20歳になる前に障害者になった人には、20歳から支給(本人の所得による支給制限あり)されます。
請求の手続きは、医療・年金課、総合支所市民福祉課が窓口になります。

年金額
(平成31年4月からの金額)
障害等級 金額
1級
975,125円+子の加算
2級
780,100円+子の加算

子の加算額は、1人目、2人目は224,500円、3人目からは74,800円(注意)障害等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。
詳しくは、医療・年金課までお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部医療・年金課
 電話番号:0942-30-9032 FAX番号:0942-30-9107 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ