トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・年金・医療 > 国民年金保険料 > 学生納付特例制度

学生納付特例制度

更新日:201803051020


学生納付特例制度とは

学生本人の前年の所得が、国の定める基準を下回る場合は、保険料が後払いできる「学生納付特例制度」があります。
申請できる期間は、20歳以上の学生である期間のうち、過去期間は申請が受理された月から2年1ヶ月前(すでに保険料が納付済の月を除く)まで、将来期間は年度末まで申請できます。
学生納付特例が承認された期間は、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されますが、10年以内に追納しないと年金額には反映されません。 ただし、2年を過ぎて追納する場合は、加算金がつきます。また、学生納付特例の承認を受けた期間は障害基礎年金・遺族基礎年金の受給要件に反映されます。

対象となる人

大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校(学校教育法で規定されている修業年限が1年以上の課程)に在学する学生等で、学生納付特例を受けようとする年度の前年の所得が、扶養親族の数に応じて政令で定める額以下である方(扶養親族がいない場合は118万円以下)、失業等の理由がある方です。また、夜間・定時制課程または通信制課程の生徒・学生も対象になります。

受付窓口

医療・年金課、総合支所市民福祉課、または市民センターで受付けています。手続きに必要なものは申請書ページをご確認ください。

国民年金保険料学生納付特例申請書

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部医療・年金課
 電話番号:0942-30-9032 FAX番号:0942-30-9107 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ