トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・年金・医療 > 国民健康保険給付 > 新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

更新日:202006041402


久留米市国民健康保険の被保険者の方が、新型コロナウイルス感染症にかかった場合、または発熱などの症状があり感染が疑われた場合に、その療養のため労務に服することができなかった期間(一定の要件を満たした場合に限る)について、傷病手当金を支給します。

対象者

下記の全ての条件を満たす方

  • 久留米市国民健康保険の加入者であること
  • お勤め先から給与の支払いを受けていること
  • 新型コロナウイルス感染症にかかった、または発熱などの症状があり感染が疑われたこと
  • 感染または感染の疑いにより、その療養のため労務に服することができず、3日間連続して仕事を休み、4日目以降にも休んだ日があること
  • 労務に服することができない期間に対する給与等の支払いを受けられない、または一部減額されて支払われていること
(注意)支給を受けるためには、申請が必要です。申請を希望する場合は、詳しい説明をいたしますので、必ず事前に電話かFAX、またはメールでお問い合わせください。

支給対象期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日からその労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日が傷病手当金の支給対象となります。

支給額

直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷就労日数×3分の2×日数

ただし、給与などの全部または一部が支払われているときは、上記の計算式で算定した傷病手当金の額から、給与などの額を差し引いた差額を支給します。

(注意)1日当たりの支給額には上限があります。

適用期間

令和2年1月1日から9月30日の間で、療養のため労務に服することができない期間(ただし、入院が継続する場合などは最長1年6ヶ月まで)

今後の新型コロナウィルスの感染の状況によっては期間が延長になることがあります。

申請に必要なもの

提出していただくものは下記のとおりです。事業主や医療機関から記載してもらう書類もありますので、ご注意ください。

健康保険課で用意しているもの

  • 傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)
  • 傷病手当金支給申請書 兼同意書(被保険者記入用)
  • 傷病手当金支給申請書(事業主記入用)
  • 傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)
    (注意)医療機関に受診していない場合は不要です

ご用意いただくもの

  • 直近3か月間の給与の支払いが確認できるもの(給与明細や給与が振り込まれた通帳の写し)
  • 世帯主と被保険者の保険証、または公的機関が発行している本人確認書類の写し

審査のため、追加で書類の提出をお願いする可能性があります。

(注意)申請を希望する場合は、詳しい説明をいたしますので、必ず事前に電話かFAX、またはメールでお問い合わせください。

よくあるお問合せ

傷病手当金の支給に関するQ&APDFファイル(328キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部健康保険課 給付チーム
 電話番号:0942-30-9029 FAX番号:0942-30-9751 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ