トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 精神保健 > 新型コロナウイルス感染症に関する心のケアについて

新型コロナウイルス感染症に関する心のケアについて

更新日:202009141523


 新型コロナウイルス感染症の拡大や、拡大防止のための外出自粛・休業などの影響によって、私たちの生活には大きな変化が生じています。こうした思いがけない変化によって、不安や恐怖、怒りなどの感情が生じやすくなる「心の変化」や、不眠などの「身体の変化」が起こりやすくなります。これらの変化は「誰にでも起こりうる自然な反応」で、ほとんどの場合、自然におさまっていきます。

 しかし、感染拡大の影響が長期化し、仕事や学校、日常生活において様々なストレスが生じる中、心の負担がかかる緊張状態が続くなどした結果、気づかないうちに心と身体に不調をきたしてしまうことがあります。そのため、自分自身や周囲の人のストレスや心の不調に気づいて、解消するとともに、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

 久留米市保健所では、心の健康についての相談窓口を設けています。様々な悩みや不安など、ご相談ください。

気づいてほしい「心」と「身体」の変化

心の変化

身体の変化

心と身体の健康を保つために大切なこと

自宅で出来るストレスケアを紹介します

悩みや不安、ご相談ください

つらい思いを誰かに話したり、相談したりすることで、気持ちが和らぐことがあります。一人で抱え込まず、話してみませんか。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9728 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ