トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 健康づくり > たばこ対策について

たばこ対策について

更新日:201907021053


久留米市の取り組み

禁煙を勧める病院のイラスト 久留米市では、たばこが健康に及ぼす影響について知り、健康に対する意識を高めるため、啓発イベントや禁煙支援、健康教室等を行っています。
たばこは肺がんをはじめ多くの疾患の危険因子です。また、たばこの煙は喫煙者のみならず、その周りの人へも健康への悪影響が及びます。受動喫煙防止については「受動喫煙防止について」のページをご覧ください。

啓発イベント(世界禁煙デー、禁煙週間)

5月31日はWHO(世界保健期間)が定めた「世界禁煙デー」です。日本では、5月31日から6月6日までの1週間を「禁煙週間」として定めています。

街頭啓発キャンペーン

パネル展示

禁煙週間には、久留米市役所1階ロビーや総合支所などにパネルの展示を行っています。

市役所1階ロビーのパネル展示の様子  コスモすまいる北野のパネル展の様子

喫煙所への掲示

世界禁煙デー及び禁煙週間の周知のため、期間中は久留米市役所の喫煙所に掲示を行っています。

喫煙所の掲示物の写真

禁煙を考えている方へ

たばこが止められないのは意志が弱いからではなく、ニコチンの強い依存性が原因です。
やめたくても止められない場合は、お医者さんへ相談することもできます。

禁煙治療が保険適用で受けられるようになりました。
保険適用で治療を受けるには一定の条件をクリアする必要があります。

子どもが吸わないために

未成年者喫煙防止教室を行っています

未成年の喫煙防止と、たばこの害に関する正しい知識の普及を目的に、小中学生を対象とした、たばこと健康教室のご依頼を受け付けています。保健所健康推進課(電話番号:0942-30-9331)までご相談ください。

対象:久留米市内の小中学校等
費用:無料
講師:久留米市保健所の保健師・栄養士

たばこの教育教材の貸出しを行っています

未成年の喫煙防止、たばこの害に関する教育を行う学校等に対して、教材をお貸しします。
貸出しを希望される場合は、教材の貸出し状況を保健所健康推進課(電話番号:0942-30-9331)までお問い合わせください。
対象:久留米市の小中学校等
費用:無料

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所健康推進課
 電話番号:0942-30-9331 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ