トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 成人健康診査 > 特定健康診査

特定健康診査

更新日:201808141133


昨年度からの変更点

平成30年度から特定健康診査の個人負担金は「無料」となりました。

特定健康診査とは

 特定健康診査とは、メタボリックシンドロームに着目した健診です。

 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積と脂質異常、高血圧、高血糖の危険因子を複数合わせもった状態です。重なる危険因子が多いほど、命に関わる心臓病や脳卒中を発症する危険性が高まっていきます。

 そこで特定健康診査では、内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定や、危険因子のひとつであるLDLコレステロールなどを検査し、メタボリックシンドロームの該当者や予備群をいち早く発見します。

久留米市国民健康保険特定健康診査のご案内

対象者

 特定健康診査の対象となるのは、平成30年4月1日時点から継続して久留米市国民健康保険に加入されている40歳から75歳未満(75歳になる誕生日前日まで)の方です。対象者の方には5月下旬に「特定健康診査受診券」を送付しています。
 なお、平成30年4月2日以降に加入された方も、他保険等での健診がお済みでない場合には、特定健康診査を受診することができます。受診を希望される方は、健康推進課までお問い合わせください(電話番号 0942-30-9331)。
 国の基準により、次の方は特定健康診査を受診していただく必要はありません。

受診の時に必ず必要となるもの

  1. 特定健康診査受診券
  2. 国民健康保険被保険者証
  3. 個人負担金:なし(平成30年度から無料となりました)

検査内容

実施場所

特定健康診査の実施期間

健診結果通知

 健診受診後は、受診された医療機関で健診結果説明を受け、結果通知表をお受け取りください。これからの健康づくりに役立つ情報も提供いたします(集団健診で受診された方には、別途個別にご案内いたします)。

注意事項

人間ドック等を受診された場合の費用の一部助成

対象者

 市国民健康保険では、平成30年度中に特定健康診査に相当する他の健診を受診した方に、受診料の一部を助成します。ただし、次の条件を全て満たしている場合が対象となります。

  1. 平成30年度中に、40歳から74歳の誕生日を迎える方
  2. 平成30年4月1日から継続して市国民健康保険に加入している方(年度途中で加入された方は、対象になりません)
  3. 平成30年度中に受診した人間ドック等の健診結果に、次の項目の全てが記入されている方
     身長、体重、腹囲、BMI,既往歴、自覚症状、他覚症状、収縮期血圧、拡張期血圧、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、空腹時血糖またはヘモグロビンA1c、尿糖、尿たんぱく、医師の判断、医師の氏名
  4. 健診費用を自己負担した方
  5. 平成30年度の市国民健康保険特定健康診査を受診していない方
  6. 国民健康保険料の滞納が無い世帯の方

助成金額

申請期間

(注意)平成30年度分の申請については、平成31年4月以降は受け付けられませんので、くれぐれもご注意ください。

申請に必要なもの

  1. 健診結果表(原本)
  2. 領収書(原本)
  3. 印鑑
  4. 本人名義の振込先が分かる書類(預金通帳など)
  5. 国民健康保険被保険者証
  6. 平成30年度市国保特定健康診査受診券

なお、申請の際には、健診結果表などの写しをいただきます

申請窓口

(注意)各市民センター、総合支所、保健センターでは受付を行っておりません。

職場で健診を受けられた方は、健診結果を提供してください

平成30年度中に40歳から74歳の誕生日を迎える国民健康保険加入者で、職場の健診を受診された方は、健診結果を提供いただきますと、特定健康診査を受診したものとみなされます。国が定めた特定健康診査受診率の目標(60パーセント)を達成するため、ぜひ職場健診の結果を健康推進課へ提供いただきますようお願いいたします。
詳しくは、下記問い合わせ先へご連絡ください。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所健康推進課
 電話番号:0942-30-9331 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ