トップ > くらしの情報 > 障害者支援・地域福祉・生活支援 > 障害者支援 在宅サービス > 障害児等療育支援事業

障害児等療育支援事業

更新日:201510051535


内容

発達が気になる児童やサポートが必要な方に、電話での相談に応じたり、ご家庭、保育所、幼稚園、学校、施設へ訪問したりすることで、生活に必要な情報の提供や助言を行います。

在宅障害児(者)の地域での生活を支援するために、ライフステージに応じ、3つの療育事業を行なっています。

  1. 訪問療育
    専門のスタッフが定期的もしくは随時ご家庭を訪問したり地域を巡回したりして相談・援助を行います。
  2. 外来療育
    来所による生活や発達に関する相談を受けます。
  3. 施設支援、巡回支援
    保育園、幼稚園、学校、通園(通所)施設、事業所などを訪問し(もしくは来所により)、講義、児童の評価、対応に関してのアドバイスなど、相談や技術支援を行います。

相談例

  1. 保育所、幼稚園、学校に通っているが、発達の遅れが心配。
  2. 友達とうまく遊べない、集団行動がとりにくい、勉強がわかりにくい様子があるが、対応方法がわからない。
  3. スプーンやお皿など道具の工夫、座り方や姿勢づくりなど環境の工夫をしたい。
  4. 自分の住んでいる地域(近く)で訓練などを受けたい。

利用方法

この事業は、市が社会福祉法人こぐま福祉会に委託して実施しています。
お問い合わせ・お申し込みは、次のこぐま福祉会の窓口へお願いします。

受付時間

毎週火曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで。ただし、祝日は除きます。

利用料

利用料は無料です。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部障害者福祉課
 電話番号:0942-30-9035 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ