トップ > くらしの情報 > 子育て支援 > 母子保健 > 久留米市産後ケア事業について

久留米市産後ケア事業について

更新日:201804050902


久留米市では、平成29年6月1日から、産後のお母様とお子様のために、宿泊または日帰りで、母子のケアや授乳指導・育児指導を受けることができる産後ケア事業を実施します。
詳しくは、「産後ケア事業のチラシPDFファイル(615キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます」または、ページの内容をご確認ください。

利用できる方

久留米市に住民票があり、産後4か月未満の乳児とその母で、以下の要件に当てはまる方です。
また、申請の際には、保健師や助産師との面接を受けていただく必要があります。

産後ケア事業の内容

産院等を退院後、施設において以下のメニューを利用しながら、母子の体調に合わせたケアを受けることができます。

(ケアの内容例)

メニューの内容
メニュー 利用時間 利用上限
ショートステイ(宿泊型) 午前10時から翌午前10時まで。(昼食・夕食・朝食の3食付) 6泊7日
デイサービス(日帰り型) 午前10時から午後4時まで。(昼食付) 7日
 

利用料について

以下表のとおり、世帯の所得状況によって利用料(自己負担)が異なります。減免を受ける場合は、それを証明する書類を提出する必要があります。
また、利用料以外で、ケアに必要な費用がかかる場合がありますので、詳しくは、利用承認後に利用施設へお尋ねください。

利用料について
メニュー 利用料(消費税込み) 所得の区分
ショートステイ(宿泊型) 4,800円/1泊2日 市民税課税世帯
ショートステイ(宿泊型) 1,000円/1泊2日 市民税非課税世帯
ショートステイ(宿泊型) 0円/1泊2日 生活保護世帯
デイサービス(日帰り型) 2,000円/日 市民税課税世帯
デイサービス(日帰り型) 300円/日 市民税非課税世帯
デイサービス(日帰り型) 0円/日 生活保護世帯

利用までの流れ

申請書の提出

利用希望日の1週間前までに、久留米市子ども未来部こども子育てサポートセンターに申請してください。
出産後すぐに同施設にて利用したいという場合は、産婦人科医等に相談し、了解を得たうえで、妊娠32週以降から申請できます。

その他の利用に関する書類は、以下の「産後ケア事業利用に関する書類」から参照してください。
「産後ケア事業利用に関する書類」

保健師・助産師との面接

現在の体調やご家庭の状況、受けたいケアの内容などの確認のため、保健師や助産師との面接を受けていただきます。(面接時間は30分から1時間程度です)
また、状況に応じて、入院・出産した産院等に、妊娠中や産後の経過について確認させていただきます。

利用施設の調整

面接の内容などを踏まえ、利用を希望する施設が利用可能かどうか市より照会を行います。
(利用前に利用希望施設にお問合せをしないようお願いします。)
ベッドの空き状況によっては、希望する施設が利用できない場合があります。 産後ケア事業が利用できる施設は以下のページをご覧ください。
「平成30年度久留米市産後ケア事業が利用できる施設の一覧」

産後ケア事業利用の承認または不承認の決定

申請内容を審査し、産後ケア事業利用承認通知書または、不承認通知書を送付いたします。
利用が承認された場合、承認通知書に記載されている、利用施設名や利用期間、利用メニュー、利用料をご確認ください。
また、事前に利用施設から、利用の際の注意事項の連絡があります。

(利用承認後の注意事項)

産後ケア事業の利用

利用中は、利用施設のルール、指示を守ってください。また、利用料は、利用施設に直接お支払ください。

利用にあたっては、以下の必要物品を持参してください。

利用終了後は保健師・助産師がサポートします

利用終了後は、継続的に、保健師や助産師が、心身の回復に関することや、今後の育児に関することなどの相談に応じます。
お気軽にご相談ください。

このページについてのお問い合わせ

 子ども未来部こども子育てサポートセンター
 電話番号:0942-30-9731 FAX番号:0942-30-9718 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ