トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全対策 > 自転車の安全利用

自転車の安全利用

更新日:201806151355


自転車の交通事故防止

自転車が関係する交通事故件数は減少傾向が続いていますが、自転車乗車中の交通死亡事故は依然として多く、自転車同士や自転車と歩行者による交通死亡事故も発生しています。これらの半数以上は、信号無視や一時停止違反など、自転車の交通違反中に起こっているものです。
自転車は道路交通法上、「車両」であるこということを認識し、車両の交通ルールを守って、交通事故防止に努めましょう。

福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

自転車は通勤・通学やレジャーなど、日常生活に密着した、環境に優しい乗り物として多くの人に利用されています。しかしながら、自転車が加害者となる対歩行者事故は全国的にも増加傾向にあり、自転車利用者の交通ルール、マナーの悪さが社会的な問題となっています。
このため、福岡県では「福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を制定し、平成29年4月1日に施行されました。(一部の規定は10月1日施行)

県自転車条例の主な内容

自転車の安全利用の促進

交通安全教育の充実

自転車損害賠償保険加入の努力義務化

自転車小売業者などによる情報提供の義務化

詳しくは、「福岡県自転車条例について」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部安全安心推進課
 電話番号:0942-30-9094 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ