トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 防災情報 > 災害時における避難所での感染症対策

災害時における避難所での感染症対策

更新日:202006050904


 新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況下で自然災害が発生した場合、避難所には不特定多数の方が避難してくるため、飛まつ感染や接触感染が非常に生じやすい環境となり、新型コロナウイルス感染症などの感染が拡大するリスクが高まります。そういった状況を防ぐため、避難所を開設するような災害が発生した場合に備え、日頃から事前の準備や災害時の対応について考えておくことが重要です。

避難所は3密が発生しやすい環境

  1. 換気が悪い「密閉空間」
  2. 多数が集まる「密集場所」
  3. 間近で会話や発生をする「密接場面」

3つの条件がそろう避難所はクラスター(集団)感染のリスクが高くなります。

分散避難の検討について

垂直避難の方が安全な場合も

垂直避難の方が安全な場合も

避難先を分散して「3密」を避けよう

避難先を分散して「3密」を避けよう

避難所に避難した場合の注意点

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

 総務部防災対策課
 電話番号:0942-30-9074 FAX番号:0942-30-9712 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ