トップ > くらしの情報 > 広報・広聴・相談 > 外国人生活相談 > 久留米市(くるめし)の生活(せいかつ)の 情報(じょうほう)【やさしい日本語】

久留米市(くるめし)の生活(せいかつ)の 情報(じょうほう)【やさしい日本語】

更新日:202008030830


久留米市(くるめし)の生活(せいかつ)の 情報(じょうほう)【やさしい日本語】

このページは 外国人(がいこくじん)にも わかるように やさしい日本語(にほんご)で 書(か)いています

久留米市(くるめし)での 生活(せいかつ)で 必要(ひつよう)な 手続(てつづ)きや 情報(じょうほう)を 集(あつ)めました
知(し)りたいことを クリックすると 情報(じょうほう)がある ページに 変(か)わります
それぞれの ページは 機械(きかい)で 翻訳(ほんやく)されます

市役所(しやくしょ)での いろいろな 手続(てつづ)き

日本(にほん)に 3か月(げつ)より 長(なが)く 住(す)む  外国人(がいこくじん)【「在留(ざいりゅう)カード」を持(も)っている人(ひと)】は 市役所(しやくしょ)に 行(い)って 「住民登録(じゅうみんとうろく)」を しなければ なりません
「住民登録(じゅうみんとうろく)」を すると 久留米市(くるめし)の サービスが 受(う)けられるように なります
手続(てつづ)きは 次(つぎ)のようなときに する 必要(ひつよう)が あります

ごみの 分(わ)け方(かた)、出(だ)し方(かた)

久留米市(くるめし)では ごみの 捨(す)て方(かた)が 決(き)まっています
まちを きれいにして みんなが 気持(きもち)よく 生活(せいかつ)できるように ごみの 出(だ)し方(かた)のルールを 必(かなら)ず 守(まも)ってください

健康保険(けんこうほけん)、年金(ねんきん)

病気(びょうき)に  なったときや 年をとったときの ために お金(かね)を 払(はら)う 必要(ひつよう)が あります
健康保険(けんこうほけん)は  病気(びょうき)や ケガのときに 病院(びょういん)に 支払(しはら)う お金(かね)が 安(やす)く なります 
年金(ねんきん)は 年(とし)を とったときや 病気(びょうき)や けがで 働(はたら)くことが できなくなったときなどに 生活(せいかつ)のための お金(かね)を もらうことが できます
日本(にほん)にいる 外国人(がいこくじん)も 入(はい)る 決(き)まりに なっています

税金(ぜいきん)

税金(ぜいきん)は 国(くに)や 県(けん)や 市(し)などが 住(す)んでいる人(ひと)から 集(あつ)める お金(かね)です
集(あつ)めた 税金(ぜいきん)は みなさんの 生活(せいかつ)のために 使(つか)います
外国人(がいこくじん)も 税金(ぜいきん)を 払(はら)わなければ なりません

仕事(しごと)

仕事(しごと)を 探(さが)したいとき

子(こ)どもを育(そだ)てる・学校(がっこう)

久留米市(くるめし)で 子(こ)どもを 生(う)んだり 育(そだ)てるときには 市役所(しやくしょ)で 手続(てつづ)きを します
手続(てつづ)きを すると お金(かね)が もらえたり 子(こ)どもが 病院(びょういん)に 行(い)ったときに 使(つか)える 保険(ほけん)や 子(こ)どもの 世話(せわ)が できないときに  保育園(ほいくえん)に 子(こ)どもを 預(あず)ける サービスなどが 受(う)けられます
小学校(しょうがっこう)や 中学校(ちゅうがっこう)に 入(はい)る お知(し)らせも きます

災害(さいがい)、大雨(おおあめ)

久留米市(くるめし)では 梅雨(つゆ)や 台風(たいふう)などで たくさんの雨(あめ)が 降(ふ)って 川(かわ)の水(みず)が いっぱいになって 川(かわ)から 出(で)た 水(みず)が 家(いえ)に 入(はい)ったり 道路(どうろ)が 水(みず)を かぶったりする 大(おお)きな 被害(ひがい)が 増(ふ)えています
被害(ひがい)が ないように 準備(じゅんび)を しておきましょう

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部広聴・相談課
 電話番号:0942-30-9017 FAX番号:0942-30-9711 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ