トップ > 救援本部 > 被災地への職員派遣

被災地への職員派遣

更新日:201603111036

派遣職員の活動レポート

久留米市では、被災地の復興支援を行なうため、職員を派遣しています。これまでの支援活動について職員の活動レポートを紹介します。

長期派遣

東日本大震災の発生から2年を経過し、被災地では本格的な都市再生が進められています。
久留米市では、姉妹都市である福島県郡山市をはじめ、東日本大震災の被災地、被災者に対しては、今後とも継続してできうる限りの支援に取り組みます。

短期派遣

久留米市では、東日本大震災に伴う被災地や被災者の皆さんへの支援を行うため、現在まで、第51次、のべ職員95人を被災地へ派遣しています。
現地では、職員として培った知識経験を発揮し、被災者の方々への飲み水の給水、救出や救助、健康相談や心のケア、漏水調査、避難者支援、家屋の被害度判定、介護保険料減免処理業務支援などの活動に従事しています。

このページについてのお問い合わせ

 東日本大震災・久留米市救援本部事務局
 電話番号:0942-30-9779 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ