トップ > 組織からさがす > 市民文化部文化振興課 > お知らせ > 展覧会「タータン 伝統と革新のデザイン」の開催について

展覧会「タータン 伝統と革新のデザイン」の開催について

更新日:201909121649


「タータン 伝統と革新のデザイン」について

日本では「タータンチェック」として広く親しまれているタータン。その普遍的なデザインは、マフラーやスカートなどの衣類から、インテリアや小物類まで日常のあらゆるところで目にすることができます。
タータンの起源は、中央ヨーロッパに住んでいたとされるケルト人にまでさかのぼります。スコットランドの北西部、ハイランド地方に定住したケルト人は、タータンと呼ばれる織物を日常着としていました。そこからタータンは英国の歴史の中で特異な運命をたどり、18世紀にはハイランドの男性に対して着用が禁止されます。しかし、ハイランド文化復興の動きによって数十年後にその禁令が解かれると、スコットランドを象徴する文化として再び脚光を浴びるようになりました。
本展では、一般的にはあまりなじみのない様々なタータン生地約100種により、その多彩で洗練されたデザインをお楽しみいただきます。また、19世紀にエディンバラで活躍した風刺画家ジョン・ケイの版画、現在活躍中のファッションデザイナーによる衣装、日本とタータンの関わりを示す資料など総数約270点を通じて、その歴史や社会的、文化的背景をご紹介し、様々な視点からタータンが持つ意味や魅力をさぐります。

【日時】令和元年9月21日(土曜日)~令和元年11月4日(月曜日)まで
【休館日】月曜日(ただし9月23日、10月14日、11月4日は開館)
【料金】一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料
( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
障害者の方は手帳のご提示で、ご本人と介護者1名は半額

 会期中には、美術講座やワークショップなどを開催します。詳しくは久留米市美術館ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。また、久留米市美術館フェイスブック このリンクは別ウィンドウで開きます や、新たに開設した久留米市美術館ツイッターこのリンクは別ウィンドウで開きますでも情報を発信しています。

「タータン 伝統と革新のデザイン」展 ポスター

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部文化振興課
 電話番号:0942-30-9224 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ