トップ > 組織からさがす > 市民文化部文化振興課 > お知らせ > 「長谷川利行展」を開催します

「長谷川利行展」を開催します

更新日:201809121633


「長谷川利行展」について

自由奔放な筆致と、彼自身の劇的な生涯のため、ときに「日本のゴッホ」とも呼ばれる、長谷川利行(1891-1940)。
京都に生まれた利行は、30歳頃に上京して画家を志し、1936年に二科展で樗牛賞(ちょぎゅうしょう)を獲得するなど、一気に画家としての才能を開花させました。しかし、生来の放浪癖から次第に生活は破綻し、路上で倒れ、養育院で誰にも看取られることなく49歳でこの世を去りました。
絵を描くために生き、生きるために絵を描いた、あまりにも画家すぎる画家、長谷川利行。18年ぶりの大回顧展となる今回は、新発見の作品や代表作を含む約140点でその全貌を紹介します。

【日時】平成30年9月22日(土曜日)~平成30年11月4日(日曜日)まで
【休館日】月曜日(ただし9月24日と10月8日は開館)
【料金】一般1,000円、シニア700円、大学生500円、高校生以下無料
(団体割引有り)
(11月3日(土曜日)の文化の日は入館無料)

 展覧会情報や関連イベントなど、詳細は久留米市美術館ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。また、久留米市美術館フェイスブック このリンクは別ウィンドウで開きますでも情報を発信しています。

長谷川利行展チラシ

画像をクリックするとJPEGファイルが開きます。

このページについてのお問い合わせ

 市民文化部文化振興課
 電話番号:0942-30-9224 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ