トップ > 組織からさがす > 商工観光労働部競輪事業課 > お知らせ > 女子競輪選手らの筋力アップで連携

女子競輪選手らの筋力アップで連携

更新日:201909131740


産官学の連携でトップを目指せ~久留米競輪所属選手の筋力アップ~

久留米市、久留米大学、日本競輪選手会福岡支部、パナソニック株式会社アプライアンス社、株式会社日本エイピーアイの5者は、久留米競輪所属選手が行う筋力アップなどのトレーニングに関して、連携・協力することで合意し、8月29日(木)に事業連携締結式をおこないました。

事業連携の様子

左より 株式会社日本エイピーアイ溝上代表取締役、久留米大学永田学長、久留米競輪内村舞織(うちむらまおり)選手、児玉碧衣(こだまあおい)選手(2018年賞金女王)、大久保市長、選手会藤田支部長、パナソニック株式会社湯浅部長

事業連携の概要

久留米大学医学部整形外科学講座の志波直人教授の研究グループとパナソニック株式会社が共同開発した「ひざトレーナー」を、選手がトレーニング時に装着し、太ももの筋力を効率的に強化します。
また、株式会社日本エイピーアイが製造し、JAXAのはやぶさIIの施設や東京大学宇宙線研究所(カミオカンデ)などの研究施設でも使用されている「高感度ガス分析装置APIMS」で、トレーニング中の選手が出した息などの生体ガスから様々なデータを分析し効果的なトレーニング方法の助言をします。
今後、久留米競輪場の選手は産官学の連携で、賞金王・賞金女王ひいてはオリンピック出場選手を輩出することを目指します。

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部競輪事業課
 電話番号:0942-43-3996 FAX番号:0942-43-0840 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ