トップ > 組織からさがす > 商工観光労働部労政課 > お知らせ > 在籍出向で雇用維持を図る場合は、産業雇用安定助成金をご活用下さい。

在籍出向で雇用維持を図る場合は、産業雇用安定助成金をご活用下さい。

更新日:202111241607


産業雇用安定助成金とは

 新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成するものです。

 詳細は厚生労働省・産業雇用安定助成金このリンクは別ウィンドウで開きますのページをご覧ください。

支給対象となる「出向」

支給対象となる「事業主」

支給対象となる「出向労働者」

 出向元事業所において雇用される雇用保険の被保険者(ただし、次の1から4のいずれかに該当する方を除きます。)であって、本助成金の支給対象となる「出向」を行った労働者であること。

  1. 出向開始日の前日まで出向元事業主に引き続き雇用保険被保険者として雇用された期間が6か月未満である方
  2. 解雇を予告されている方、退職願を提出した方または事業主による退職勧奨に応じた方(離職の日の翌日に安定した職業に就くことが明らかな方を除く。)
  3. 日雇労働被保険者である方
  4. 併給調整の対象となる他の助成金などの支給対象となっている方

お問い合わせ先

雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター
電話 0120-60-3999
受付時間 9時~21時(土曜日・日曜日・祝日含む)

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部労政課
 電話番号:0942-30-9046 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ