トップ > 組織からさがす > 商工観光労働部労政課 > お知らせ > コロナで小学校等が臨時休業し、子どもの世話をする従業員を休ませた事業主の方へ

コロナで小学校等が臨時休業し、子どもの世話をする従業員を休ませた事業主の方へ

更新日:202201041424


以下の取り扱いをした事業主は助成金の対象になります。

 新型コロナウイルス感染症への対応として、臨時休業等をした小学校等に通う子どもの世話を行う労働者に対し、有給休暇を取得させた事業主は助成金の対象になります。

 休暇を取得させた時期により、申請できる助成金が異なりますのでご注意ください。

  1. 令和3年4月1日から9月30日までに取得させた休暇(両立支援等助成金 育児休業等支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例令」)【注意】この助成金の申請は和3年11月30日までで終了しました。
  2. 令和3年8月1日から令和4年3月31日までに取得させた休暇(小学校休業等対応助成金)

(注意)令和3年8月1日~10月31日までの休暇に係る小学校休業等対応助成金の申請期限は令和3年12月27日(都道府県労働局必着)です。消印が申請期限内であっても、都道府県労働局への到達日が申請期限を過ぎていた場合、申請期限内に申請したと認められませんのでご留意ください。

小学校休業等対応助成金

 令和2年度に実施していた「小学校休業等対応助成金」制度が再開されました。令和3年8月1日から令和4年3月31日までに取得させた有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主が対象です。
 詳細については、厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金についてこのリンクは別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

対象となる休業期間・申請期限
対象となる休業期間 日額上限額 申請期限
令和3年8月1日~10月31日 13,500円 令和3年12月27日(月曜日)必着
令和3年11月1日~12月31日 13,500円 令和4年2月28日(月曜日)必着
令和4年1月1日~3月31日

令和4年1~2月:13,500円

令和4年3月:9,000円

令和4年5月31日(火曜日)必着

(注意)申請の対象期間中(事業主の方から申請いただいた休暇日の最初の日から最後の日までの間。申請対象の労働者が複数いる場合は、休暇の開始が最も早い労働者の開始日から、終了が最も遅い労働者の終了日までの間)に緊急事態宣言の対象区域又はまん延防止等重点措置を実施すべき区域であった地域(原則都道府県単位)に事業所のある企業についての日額上限額は15,000円
(注意)消印が申請期限内であっても、都道府県労働局への到達日申請期限を徒過していた場合申請期限内に申請したと認められませんのでご留意ください。ただし、やむを得ない理由があると認められる場合(以下1又は2)は、申請期限経過後に申請することが可能(令和4年6月30日まで)です。

  1. .労働者からの都道府県労働局『小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口』への「(企業に)この助成金を利用してもらいたい」 等のご相談に基づき、労働局が事業主への助成金活用の働きかけを行い、これを受けて事業主が申請を行う場合
  2. 労働者が都道府県労働局『小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口』へ相談し、労働局から助言等を受けて、労働者自らが事業主に働きかけ、事業主が申請を行う場合

申請書類の提出先

 本社等の所在地を管轄する都道府県労働局雇用環境・均等部(室)宛てに郵送で提出してください。宛先間違いが多いため、ご注意ください。
(注意)提出は郵送でお願いします。簡易書留特定記録など、配達記録の残る方法でお送りください。 
事業所単位ではなく法人ごとの申請となります。また、法人内の対象労働者について可能な限りまとめて申請をお願いします。
申請書類をお送りいただく前に、必ず必要な書類が全て揃っているか、申請様式の記載漏れがないかを支給要領と照らし合わせてご確認ください。

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口

 令和4年6月30日までの期間、全国の都道府県労働局に「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」が設置されます。「企業にこの助成金を利用してもらいたい」等、労働者の方からの相談内容に応じて、企業への特別休暇制度導入や助成金の活用の働きかけ等を行います。

「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」(福岡県)
電話:092-411-4764
受付時間:8時30分から17時15分まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

小学校休業等対応助成金の概要

  1. 新型コロナウイルス感染症への対応として、ガイドライン等に基づき、臨時休業等をした小学校等に通う子ども(小学校等とは、小学校、義務教育学校の前期課程、特別支援学校、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等)
  2. 次のいずれかに該当し、小学校等を休むことが必要な子ども。

問い合わせ先

雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター
電話:0120-60-3999
受付時間:9時から21時まで(土曜日・日曜日・祝日含む)【令和3年12月29日~令和4年1月3日は休業】

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部労政課
 電話番号:0942-30-9046 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ