トップ > 組織からさがす > 商工観光労働部新産業創出支援課 > お知らせ > 全国初!兼貞物産株式会社が椎茸の機能性表示食品開発に成功

全国初!兼貞物産株式会社が椎茸の機能性表示食品開発に成功

更新日:202106101015


大久保市長を表敬訪問

 久留米市に本社を置く兼貞物産株式会社が、国内では初めて椎茸の機能性表示食品(すぐもどる椎茸プラス)の開発に成功し、完成報告のため、2021年6月2日(水曜日)に大久保市長を表敬訪問されました。
 本製品には、機能性関与成分「GABA」が含まれており、「GABA」には、高めの血圧を低下させる機能があることが報告されています。
 久留米市は、福岡県と連携し、本市を中心にバイオ関連企業の集積を目指す「福岡バイオバレープロジェクト」を推進しており、機能性表示食品、医薬品などの研究開発を支援しています。同社もプロジェクトが支援している企業です。

市長表敬訪問の様子

表敬訪問の様子
(写真右から、兼貞物産副社長 平木 慎太郎氏、兼貞物産社長 平木 慎一氏、大久保市長、九州大学准教授 清水 邦義氏、廣松商工観光労働部長)

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ