トップ > 組織からさがす > 保健所保健予防課 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

更新日:202004031107


新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

令和元年12月に中華人民共和国で新型コロナウイルス感染症の発生が報告されて以来、日本をはじめ世界各地から患者が報告されています。福岡県内でも令和2年2月20日にはじめて新型コロナウイルス感染症の患者の発生事例が報告されました。

新型コロナウイルス感染症に関する詳細は、下記の厚生労働省の発表をご覧ください。

 【厚生労働省ホームページ】

福岡県内/久留米市の発生状況について

令和2年4月2日時点で、福岡県内で100名の患者の発生報告があっています。

久留米市では令和2年4月1日時点で2名患者の発生報告があっています。詳細は「新型コロナウイルスに関する情報」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。

にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

【Q&A】

市民のみなさまへ 感染拡大を防ぐために

今後とも、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。市民の皆様におかれましては、 まずは一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談の目安

次の症状がある方は久留米市新型コロナウイルス相談センター (帰国者・接触者相談センター)(0942-30-9335)にご相談ください。

(注意) 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合


センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診目安 (厚労省)PDFファイル(48キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

        電話:0942-30-9335  FAX:0942-30-9833

  (注意)8時30分~21時、土・日・祝日も受け付けます。左記以外の時間帯で緊急時は音声ガイドに従ってください

【外国語でのご相談窓口】

PCR検査の保険適用について

 現在、新型コロナウイルス感染症の検査については、帰国者・接触者外来の医師がPCR検査の必要性を判断し、保健所に相談のうえ、福岡県保健環境研究所にて行政検査として行うこととしております。保険適用後は、帰国者・接触者外来を設置している医師の判断によって民間検査機関でPCR検査を実施することが可能な仕組みとなります。

 国において対応可能な民間検査機関を決定しておりますが、都道府県単位で十分な検査体制を確保するための調整を行うこととされております。

 福岡県においては、現在、まだ県内全体の検査体制を調整・整備中ですので、当面の間は現行の検査体制を継続し、今後の体制が整いましたら、改めてお知らせいたします。

 市民の皆様におかれましては、引き続き「帰国者・接触者相談センター(0942-30-9335)」へご相談いただきますようお願いいたします。

医療機関のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症が疑われる方を診療した際には、必要な院内感染対策を行うとともに、保健所にご連絡いただきますようお願いします。

詳細については、下記をご参照ください。

 【国立感染症研究所ホームページ】

  コロナウイルスに関する解説及び新型コロナウイルス感染症に関連する情報このリンクは別ウィンドウで開きます

【問合せ】

参考リンク

 【厚生労働省ホームページ】 

  新型コロナウイルス感染症についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9730 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ