トップ > 組織からさがす > 保健所保健予防課 > お知らせ > 九州北部豪雨の被災者に対する肝炎ウイルス検査、風しん抗体検査及び定期予防接種の対応について

九州北部豪雨の被災者に対する肝炎ウイルス検査、風しん抗体検査及び定期予防接種の対応について

更新日:201707251016


久留米市では、平成29年九州北部豪雨の被災地域の住民の方で、住民票を移動することなく久留米市に避難された方に対して、肝炎ウイルス検査、風しん抗体検査及び定期予防接種のサービスを提供いたします。

なお、対象事業を受けられる場合には、事前に手続きが必要となりますので、下記までお問い合わせください。

B型・C型肝炎ウイルス検査及び相談

対象者

九州北部豪雨の被災地域の住民の方で、久留米市に避難され、過去にB型・C型肝炎ウイルス検査(治療)を受けたことがない方

実施日時

毎週水曜日(年末年始・祝日を除く)午前9時から11時

実施場所

久留米市保健所(久留米市城南町15番地5 久留米商工会館4階)

結果説明

1週間後に来所していただき、直接本人に結果の説明をします。

風しん抗体検査

対象者

九州北部豪雨の被災地域の住民の方で、久留米市に避難され、次の1または2に該当する方

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 妊婦の夫・パートナー ただし、妊婦の風疹抗体価が低い(HI法で16倍以下またはEIA法で8.0未満)または妊婦が抗体検査未実施の場合のみ

実施日時

第3火曜日(年末年始・祝日を除く)午前9時から11時

実施場所

久留米市保健所(久留米市城南町15番地5 久留米商工会館4階)

注意事項

定期予防接種

対象者

九州北部豪雨の被災地域(福岡県外)の住民の方で、久留米市に避難され、各定期予防接種の対象年齢の方

福岡県内の住民の方は、福岡県定期予防接種広域化実施医療機関にて接種が可能ですので、手続きは不要です。

各定期予防接種の対象年齢については、各予防接種のページを参照ください。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9730 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ