トップ > 組織からさがす > 保健所保健予防課 > お知らせ > 夏休み明けの子どもの変化に気づいてください

夏休み明けの子どもの変化に気づいてください

更新日:201908231114


 子どもにとって、新学期は、夏休み中に乱れた生活リズムを元に戻せないなどの理由から、心身ともに不安定になる時期です。 表情が暗い、食欲不振、落ち着きがないなど、お子さんの様子に変化が見られませんか?
 子どもは、悩みがあっても、言葉でうまく表現できないことも多いので、態度に現れる微妙なサインに気がけましょう。
また、日ごろからのコミュニケーションは安心感に繋がります。

 チラシ「長期休み前後の子どもの変化に気がけましょう」PDFファイル(237キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

気になる子どもの変化

 「助けて」のサインがこのような態度に表れる場合があります。

など

対応(TALKの原則)

 子どもから悩みを打ち明けられたとき、安易に励ましたり、叱ったりせず、以下の対応を参考にしてください。

すぐに相談してほしいサイン

次のようなサインがみられる場合は、なるべく早く学校や保健所等にご相談ください。

相談先

その他の相談先について

下記の相談窓口では、おもに子どもからの相談を無料でインターネット等により受け付けています。
詳細はホームページにて確認してください。(クリックをすると各ホームページにリンクします)

子どもが活用できる公共施設

 久留米市には、無料学習室やフリースペースがある公共施設があります。
自分の時間を過ごしたり、気持ちを整理する場として活用してください。

  チラシ「休み明け、気分転換したいときに活用できる公共施設」PDFファイル(301キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所保健予防課
 電話番号:0942-30-9728 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ