トップ > 組織からさがす > 健康福祉部健康保険課 > お知らせ > 平成30年7月5日からの大雨で被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療制度における減免等について

平成30年7月5日からの大雨で被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療制度における減免等について

更新日:201811011604


久留米市では、平成30年7月5日からの大雨の被災された方に、国民健康保険・後期高齢者医療制度についての医療費の一部負担金(窓口負担)の減免や保険料の減免等を開始します。詳しい内容は下記のとおりです。

医療費の一部負担金(窓口負担)の免除について

平成30年7月5日からの大雨により被災された方が医療機関を受診する際に、次の1から5のいずれかに該当する場合は、医療機関等の窓口でその旨をご申告(下記注意事項1から4をご参照ください。)いただくことで、医療費の一部負担金(窓口負担)の支払いが不要となります。

対象者の要件

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方 (床下浸水は対象になりません。)
  2. 主たる生計維持者が死亡、又は重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

対象期間

り災された日から平成31年2月末までの診療分

り災された日から平成30年12月末までの診療分(期間は延長されることがあります)

注意事項

  1. 原則、医療機関等の窓口で被災状況の確認ができるもの(一部負担金免除証明書、り災証明書等)をご提示ください。なお、平成31年1月以降は、一部負担金免除証明書を提示した方のみ、医療機関窓口での支払が免除されます。
  2. この免除を受けるには、久留米市健康保険課で申請していただく必要があります。(床上浸水の被害にあわれた方が申請される際は、り災証明書と印かんが必要です。)申請からおよそ1週間程度で、久留米市から一部負担金免除証明書が交付されます。
  3. 上記の医療保険の加入者であれば、県外の医療機関等を受診した場合にも支払いを求められることはありません。
  4. 入院時の食費・居住費、整骨院・鍼灸マッサージの施術費用、補装具代などは免除の対象外です。

問い合わせ先

健康福祉部健康保険課 給付チーム
電話番号:0942-30-9029 FAX番号:0942-30-9751


保険料の減免について

平成30年7月5日からの大雨により、床上浸水や住宅、家財またはその財産について著しい損害を受けたことにより、納付すべき保険料の全部または一部を納付することができないと認められる場合、減免が受けられます。
【注意】保険料の減免の対象となるかどうかは、り災証明書の内容や被害状況および保険金の補填状況等により決まります。

問い合わせ先

健康福祉部健康保険課 保険料賦課チーム
電話番号:0942-30-9030 FAX番号:0942-30-9751

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部健康保険課 業務チーム
 電話番号:0942-30-9330 FAX番号:0942-30-9751 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ