トップ > 組織からさがす > 協働推進部男女平等政策課 > お知らせ > 4月はAV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間です

4月はAV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間です

更新日:202107261056


「JKビジネス」とは

 「JKビジネス」とは、児童の性を売り物とする営業の一つで、主として「JK」、すなわち「女子高校生」などの児童を雇い、表向きには性的サービスを行わない健全な営業を装いながら、「裏オプション」等と称し、性的なサービスを提供させることです。
 近年、「モデル・アイドルになりませんか」と勧誘されたり、「高収入」とうたったアルバイトに応募した後、「聞いていない」「同意していない」にもかかわらずアダルトビデオの撮影や性的なサービスを要求されたり、性暴力・ストーカー行為にあう等の被害や法的トラブルが発生しています。
 若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあり、こうした問題は、被害者の心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害であるとともに、女性活躍の前提となる安全で安心な暮らしの基盤を揺るがす問題です。

取組・対策

 政府ではその根絶に向けて、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題などに関する関係府省対策会議を設置し、毎年4月を『AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等被害防止月間』と位置付け、相談窓口の周知などの必要な取組を集中的に実施しています。
 特に年度当初は進学・就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わり、被害に遭うリスクが高まることも予想される時期であるため、若年層の女性に対する性的な暴力の問題に関する取組を一層強化するとともに、若年女性の人権尊重のための意識啓発や教育の充実を図る必要があります。
 本市においても、男女平等推進センターにて女性の総合相談を受付ています。 

 相談は無料です。秘密は守ります。

 男女平等推進センター相談室  相談専用ダイヤル 0942-30-7802

 困っているときは、ひとりで悩まずに、相談窓口に相談してください。

参照

JKビジネス

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部男女平等政策課
 電話番号:0942-30-9044 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ