トップ > 組織からさがす > 協働推進部消費生活センター > お知らせ > 「震災便乗詐欺」にご注意下さい

「震災便乗詐欺」にご注意下さい

更新日:201702221312


久留米市消費生活センターから「震災便乗詐欺」についての情報提供です

福岡県警の発表によると、筑後地区の高齢者宅に2件(平成28年4月19日と20日)の不審電話が確認されています。
いずれも震災に便乗したニセ電話と思われます。
内容は、「熊本の震災で困っている人に老人ホームの入居権を譲りませんか」というものです。
これは典型的な架空請求の手口で、了承すると「名義貸しは犯罪だ」と脅かされお金を払ってしまうことになります。
これまでの災害時にも、義捐金名目のニセ電話詐欺や不審な自宅訪問など悪質商法による被害が全国で発生しています。
ご家族、ご近所の方へ注意喚起していただきたいと思います。
不審に思ったときは、一人で悩まずに家族や周りの人に相談して下さい。
被害にあいそうになったとき、被害にあったときは、警察や消費生活センターにご連絡下さい。 だましの手口を紹介したチラシですPDFファイル(192キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますご活用下さい。

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部消費生活センター
 電話番号:0942-30-7700 FAX番号:0942-30-7715 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ