トップ > 組織からさがす > 総務部総務課 > お知らせ > La caravane(ラキャラバン)について

La caravane(ラキャラバン)について

更新日:202108121145


La caravane(ラ・キャラバン)の開催について

本市と姉妹都市協定を締結している「福島県郡山市」。令和3年3月11日であの東日本大震災から10年が経過しました。10年という節目は迎えたものの復興はまだまだ途上であり、郡山市を含む被災地域では今もなお多くの方々により復興に向けた取り組みが行われています。
これまで、久留米市と郡山市はスポーツ大会、文化振興や子ども会などの分野で毎年交流事業を行い親交を深めてまいりました。しかし新型コロナウイルス感染症が拡大している中で、直接的な交流が困難な状況にあります。そのような中で、令和3年3月11日にJR郡山駅西口駅前広場で開催された「復興の灯火」というイベントに久留米市立津福小学校の児童が灯篭の和紙に絵付けするという形で参加させていただきました。
今年度は、令和3年3月11日の「復興の灯火」で展示された灯ろうが郡山市の交流都市(奈良市、鳥取市やつくば市など)を巡る「La caravane(ラ・キャラバン)」が行われています。
郡山市をはじめとする被災地の復興を祈念してご覧いただけたら幸いです。

展示場所

久留米市庁舎2階ホワイエ南側

展示期間

令和3年8月20日(金曜日)まで

La calavane(ラ・キャラバン)のチラシPDFファイル(2287キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

灯ろう展示風景1 展示風景1:それぞれに思いの込められた灯ろうになっています

灯ろう展示風景2 展示風景2:郡山市の伝統工芸品の「海老根手漉和紙」が使われており、一層の趣深さを感じさせます

灯ろう展示風景3 展示風景3:中には切り絵など技巧を凝らした作品もあります

灯ろう展示風景4

久留米市での展示期間終了後は奈良市や鳥取市で展示されます。

このページについてのお問い合わせ

 総務部総務課
 電話番号:0942-30-9052 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ