トップ > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護・会議の公開 > 個人情報保護 > 個人情報保護制度

個人情報保護制度

更新日:201403110851


 氏名、住所、職業、学歴、所得、資産状況その他個人に関するすべての情報で、特定の個人が識別できるものを個人情報といいます。

 久留米市では住民基本台帳のほか、様々な事業の推進のため個人情報を集め、利用していますが、市民の間には大量の個人情報が知らないうちに使われ、プライバシーが侵害されているのではないかという不安感が高まっています。

 こうした状況を踏まえ、久留米市では個人情報の適正な取扱いのための具体的なルールを定め、個人の権利利益を保護する制度として平成3年に久留米市個人情報保護条例を制定しております。

久留米市が行う個人情報の取り扱い

個人情報の保管等業務の登録及び登録簿の閲覧

 市が行う個人情報を取り扱う業務について、業務の名称、目的や個人情報の記録項目等は登録することになっております。また、登録されている「個人情報業務登録簿」は閲覧することができます。

収集の制限

 市が個人情報を収集するときは,収集の目的や根拠を明確にし、原則として本人から収集します。

目的外利用及び外部提供の制限

 市は本人の同意があるときを除き、登録した業務の目的の範囲を超えて、個人情報を市の内部で利用したり、市の外部に提供したりすることは,原則として行いません。

オンライン結合等の制限

 市の外部に対して、オンライン結合等により個人情報を提供する場合について制限を設けております。オンライン結合等を開始するときは、法令に定めがある場合を除き、事前に審議会に諮問することになっております。

個人情報の適正な維持管理

 市は個人情報を正確、完全かつ最新のものとして、保持します。また、漏えい、改ざん、滅失、き損等の防止のため、必要な措置を講じます。必要がなくなった個人情報は確実かつ速やかに廃棄又は消去します。

個人情報に対する開示請求の権利

 市は自己の個人情報を請求者本人に原則として開示をします。ただし、以下の場合は市は開示を拒むことができます。

適正な運営のための審議会

 個人情報保護制度が適正に運営されるように、久留米市情報公開・個人情報保護審議会を市の諮問に応じて開き、意見を求めます。

このページについてのお問い合わせ

 総務部総務課
 電話番号:0942-30-9052 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ