トップ > 市政情報 > NPO・ボランティア活動(市民活動) > 市民活動団体支援 > 第2回くるめ協働生みだす会議 すべてがゼロからmtg(ミーティング)結果報告

第2回くるめ協働生みだす会議 すべてがゼロからmtg(ミーティング)結果報告

更新日:201610071138


第2回くるめ協働生みだす会議(通称 生みゼロ)を実施

平成28年10月1日(土曜日)に、前回に引き続き、第2回くるめ協働生みだす会議(通称 生みゼロ)を市民活動サポートセンターみんくるで開催しました。NPO・ボランティア団体、企業、学生など、1回目と同じメンバーを中心に、約30人参加。
ファシリテーターは、特定非営利活動法人場とつながりラボhome's viの篠原幸子さんと協働CASE PJ(プロジェクト)の廣岡睦さんでした。

アイスブレイク「私の取扱説明書づくり」

自己紹介のツールとして「わたしの取扱説明書」をそれぞれ作成しました。取扱説明書には、名前、ニックネーム、日頃の活動や仕事、マイブーム、生みゼロでやってみたいことなどを書き出し、グループごとに共有しました。
どんな人がどんな思いをもって参加しているかなどを知ることができ、参加者はリラックスした雰囲気で話ができていました。

講師がワークの説明をする様子  講師が第1回目の会議の振り返りの説明

テーマごとにグループに分かれるワーク

参加者が久留米の地域課題を解決し、取り組んでみたいことなどを紙に書いて出し合い、一言も話さずに、それぞれのアイデアを見て回りました。その後、共通するテーマを探してそれぞれ確認し、チームを作りました。

〈チームごとのアイデア紹介〉
いろんな世代とつながれる持ちよりパーティー
移動式コミュニティカフェ
学生が街に関心をもち、街を楽しむ、久留米を選ぶ
人育て
本フェス
久留米タルトモデル
久留米に誇りと愛着をもつ人を増やす


次回の平成28年10月29日(土曜日)では、それぞれチームで提案内容の目的を再確認して実践に向けて話し合っていきます。

グループワークの様子  参加者の集合写真

グループのテーマを紙に書いている写真1  グループのテーマを紙に書いている写真2

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部協働推進課
 電話番号:0942-30-9064 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ