トップ > 市政情報 > NPO・ボランティア活動(市民活動) > 市民活動団体支援 > 平成26年度第1回ネットワーク交流会の結果報告

平成26年度第1回ネットワーク交流会の結果報告

更新日:201510301022


土曜夜市ウォッチング
学生たちのまちづくりを見に行こう

平成26年7月12日(土曜日)に六ツ門大学で、平成26年度第1回ネットワーク交流会「土曜夜市ウォッチング」を開催しました。
今回の交流会は、久留米の夏の風物詩である土曜夜市にボランティアとして関わっている学生の皆さんの話を聞き、活動を見てみようという趣旨でした。
市内の学生をはじめとして地域コミュニティ組織、NPO・ボランティア団体、行政など60人以上の参加者が、学生のボランティア活動や協働のまちづくりについて楽しく語り合いました。
コーディネーター
十時 裕 氏(福岡県まちづくり専門家)

学生ボランティア団体による話題提供

普段はそれぞれの目的をもって活動している学生ボランティア団体ですが、夜市には毎回20人以上の学生が、ボランティアとして店舗の手伝いなどをしています。

今回は、それぞれの団体が持っている目的や日頃の活動などを発表してもらい、夜市にボランティアとして関わるきっかけや魅力について語ってもらいました。

学生団体ふぃりあ発表の様子  学生団体クリーンピース発表の様子

話題提供した5つの学生ボランティア団体
(発表資料から抜粋)
団体名 目的・団体名の意味 活動内容
ふぃりあ
2011年3月11日の「東日本大震災を忘れない」ということをテーマに、被災地でのボランティアの報告会を通して、自分たちにできる支援を考え活動しています。キリスト教の言葉で「ふぃりあ」は友愛、隣人愛という意味があり、それにちなんで私たちも被災地の方の心に寄り添った活動ができるようにという意味があります。
南三陸でのボランティア(2013年9月)
鳥飼校区での報告会(2014年3月2日)
学生防犯ボランティア「輪導」
久留米警察署と連携した防犯ボランティア活動。「リンドウ」の花言葉「正義」の名のもとに「輪」を「導く」の思いを込めて名前をつけました。
防犯ボランティア
ちくごこどもキャンパスのお手伝い
星野村災害復興ボランティア
校内清掃
久留米大学災害ボランティアネットワーク「ゆめくる」
被災地の力になりたい学生と地域を繋ぎ、情報提供や活動の場をつくることを目的とした団体。ゆめ(復興)にむけて久留米の学生が活動しに行く(くる)ところから。
星野村災害復興ボランティアとして
茶園の泥だし
シャクナゲ花芽摘み
田んぼの土砂だし
植林準備など
久留米大学学生防犯ボランティアClean Peace
久留米警察署の方と共に、飲酒運転撲滅や防犯に対する呼びかけ及び活動による市民の意識向上。その他、地域の清掃活動などにも力を入れている。団体名は「清潔で、平和に」という気持ちを込めてつけました。
筑後川の清掃・高良山清掃
警察指導のもと、護身術披露
障害を持った子との卓球でエンジョイ!
学生団体hitoKURU
「人と人とをつなげて久留米を盛り上げよう」という活動理念のもと、学生と学生、学生と地域をつなぐ中間支援と中心市街地の活性化を目的として活動しています。名前は、「ひとがくるめにくる」という意味です。
土曜夜市における学生企画
(学生ボランティア企画、ほとめき学生祭)
あなたの知らない久留米(ワークショップ)
学生の「やりたい」を形にするプロジェクトなど

土曜夜市でのインタビューと意見交換

夜市でのインタビューの様子 参加者が5、6人のグループに分かれて、六ツ門エリアから西鉄久留米駅前エリアまでの夜市会場へ出かけました。
夜市では、学生ボランティアへ「なぜ夜市に参加しているのか」「来年も参加したいか」などの質問をし、商店街の出店者へは「学生と一緒に取り組んでみてどうだったか」「学生と話ができたか」などを聞き取りました。
また夜市の参加者へは、「夜市を楽しんでいるか」「夜市は久留米の元気の素だと思うか」などをインタビューしました。

学生ボランティアからは、「また来年も土曜夜市に参加したい」、商店街の出店者からは「学生ボランティアは、夜市を盛り上げる大きな力となっている」、参加者からは「土曜夜市は楽しい」などの声が寄せられました。

グループごとにインタビューをしてみた感想やインタビューで聞き取ったことをふり返りました。
参加者は、学生と商店街とが協働して取り組んでいる様子を、自分の目で見て、直接インタビューしたことで、たくさんの感想や意見が出ていました。
学生ボランティアが毎回20人以上関わっている土曜夜市。学生ボランティアの多くは、普段はそれぞれの団体で、それぞれの目的に向かって活動しています。「土曜夜市をみんなで盛り上げたい」という共感が、ひとつになって夜市に関わる原動力となっているということを参加者相互に共有できました。

土曜夜市ウォッチングニュースを発行

交流会を企画・運営している「協働ネットワークを進める会」メンバーによる土曜夜市ウォッチングニュースを発行しました。

土曜夜市ウォッチングニュース(表面) PDFファイル (8,219キロバイト)
土曜夜市ウォッチングニュース(中面) PDFファイル (2,929キロバイト)

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部協働推進課
 電話番号:0942-30-9064 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ