トップ > 市政情報 > セーフコミュニティ > 各種啓発活動 > セーフコミュニティ通信

セーフコミュニティ通信

更新日:201901221408


みんなで取り組む安全安心のまちづくりを目指して

セーフコミュニティ通信では 「安全・安心」 をキーワードに、一人ひとりや家庭でできる取り組み、学校でできる取り組み、地域でできる取り組みを紹介していきます。みんなの取り組みすべてが、セーフコミュニティにつながります。 みんなでセーフコミュニティの輪を広げていきましょう!

セーフコミュニティ通信第42号

セーフコミュニティ通信 第42号

冬のお風呂は危険?楽しい?

寒い時期は、温かいお風呂に入ってしっかり体を温めたいものです。でも、冬のお風呂は危険なんです。なぜなら、病気を除く久留米市民の死亡の原因は、1位自殺/2位溺死・溺水/3位窒息/4位転倒・転落/5位その他になっています。

溺死・溺水(できし・できすい)について詳しく見てみよう

溺死・溺水した人の年齢 出典:人口動態統計(2012年~2016年)
10歳代未満 10歳代 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代 80歳代 90歳以上
人数 1人 0人 0人 1人 0人 6人 24人 48人 87人 18人
溺死・溺水した場所 出典:人口動態統計(2012年~2016年)
浴槽内溺死 浴槽転落 その他
割合 81% 1% 18%
家庭内浴槽での溺死者数(月別) 出典:救急搬送データ(2012年~2016年)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
人数 16人 16人 12人 7人 1人 3人 1人 1人 4人 3人 8人 12人

高齢者の冬のお風呂は危険です

脱衣室や浴室の室温が低い場合は、入浴する前に血圧が上がり始め、熱いお風呂に入ることで、ますます血圧が上がります。そのあと、お風呂につかって4~5分すると、今度は血圧が下がります。血圧がいきなり変化することで入浴中に、失神や心筋梗塞、脳梗塞を引きおこし、浴槽の中でおぼれて亡くなることがあります。これをヒートショックといいます。

しっかり予防すると、「お風呂は楽しい」になります。

バックナンバー

このページについてのお問い合わせ

 協働推進部安全安心推進課
 電話番号:0942-30-9094 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ