トップ > 市政情報 > オープンデータ > オープンデータ活用事例 > 「感染症流行警告アプリ『ワーンニング』」でのサービス提供が開始されました

「感染症流行警告アプリ『ワーンニング』」でのサービス提供が開始されました

更新日:201802131319


このアプリは、感染症の流行状況を可視化し、早期対策を促すWebアプリケーションです。
利用者によるかぜ投票によるリアルタイムな感染症の流行状況や、保健所が公表するインフルエンザ発生状況を地図上に表示し、感染症予防への意識を高めることができます。
今回、久留米市でもサービス提供が開始されました。本アプリでは、久留米市のオープンデータを利用しています。

アプリの特徴

1.かぜ情報の投票機能

自分もしくは家族のかぜの状況を、自宅近くの地点に投票できます。その投票状況は地図やグラフに表示されます。

2.自治体が保有する感染症発生状況の表示機能

保健所が公開している定点の感染症の報告数が地図やグラフに表示されます。

アプリのURL

http://wg.horizon-sc.co.jp/warnning/このリンクは別ウィンドウで開きます
パソコン・スマートフォンのどちらでも利用可能です。

詳しい利用方法は以下のURLからご確認ください。
http://wg.horizon-sc.co.jp/warnning/help.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

アプリ開発者

株式会社オリズン 
所在地:福岡市中央区天神5-10-11 イトーピア天神ビル2階
ホームページ:http://www.horizon-so.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 総務部情報政策課
 電話番号:0942-30-9060 FAX番号:0942-30-9708 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ