トップ > 市政情報 > まちづくり・交通 > 都市計画 > 土地利用

土地利用

更新日:201801041049


市街化区域・市街化調整区域

 久留米地区の市街化区域・市街化調整区域(区域区分)は、昭和46年9月に決定され、その後昭和53年、昭和59年、平成元年、平成4年、平成9年および平成12年に見直しがなされ、現在は市街化区域3,635ヘクタール、市街化調整区域8,833ヘクタールが定めれています。
 なお、北野地区および三潴地区においては、市街化区域・市街化調整区域は定められていません。

市街化区域・市街化調整区域項目別比較表
種別 市街化区域 市街化調整区域
意義・目的
公共投資の効率性、人口・産業の動向と土地利用の適切な配分を洞察しつつ優先的かつ積極的に市街化すべき区域
市街化を抑制すべき区域
地域地区別
用途地域、その他必要な地域地区を定める
用途地域は原則として定めない
都市施設
道路、公園、下水道を一体的に定め、住居地については義務教育施設を定める
地域間連絡道路などを除き、原則として定めない
市街地開発事業
積極的に行う
行わない
開発行為
都市計画に適応し、一定の技術基準を具備する場合に許可する
左の要件に加えて、一定の立地基準を満たす場合に許可する
農地転用
届出制
許可制

用途地域

用途地域面積一覧表 (単位:ヘクタール)
種別 久留米地区 北野地区 三潴地区
第一種低層住居専用地域
443
213
16
第二種低層住居専用地域
26
44
第一種中高層住居専用地域
639
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域
1,107
110
76
第二種住居地域
198
準住居地域
133
26
近隣商業地域
39
8.1
5.5
商業地域
288
準工業地域
565
工業地域
170
工業専用地域
27
合計
3,635
331
168

(平成29年12月1日現在)

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部都市計画課
 電話番号:0942-30-9083 FAX番号:0942-30-9714 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ