トップ > 市政情報 > 計画・施策 > 中核市への移行 > 中核市・久留米

中核市・久留米

更新日:201512041319


 久留米市は、平成13年4月1日から特例市となっていましたが、平成17年2月5日の1市4町の合併により人口が30万人を超え、より多くの事務権限を持つ中核市の要件を満たすこととなりました。
 中核市への移行は、この合併の大きな目的の一つであり、市民ニーズにより的確に応えるとともに、自主性、自立性を高めた都市を築いていくためのチャンスととらえ、合併後から積極的に取り組んできました。
 国、県との協議や市議会の議決などの法的手続きを経て、平成19年11月21日に中核市指定の政令が公布され、平成20年4月1日中核市・久留米がスタートしました。
 中核市移行により、民生、保健衛生、環境、都市計画・建設、文教など様々な行政分野において、市民生活に身近な約2,000項目の事務が県から移譲され、市の事務権限が強化されました。
 移譲された事務権限を最大限に活用し、これまで市が行ってきた事務と連携、融合させることにより、新たなメリットを創出するなど、さらなる市民サービスの向上に努めていきます。

中核市移行までのあゆみ
月日 事項
平成17年
2月5日
1市4町の合併により人口30万人を超え、中核市の要件を満たす
6月 6日
市長が市議会本会議において平成20年4月に中核市移行をめざす旨を表明
6月29日
市議会に「中核市移行調査特別委員会」が設置される
6月30日
市長が知事に中核市移行支援の要望書を提出
平成18年
県からの移譲事務の内容把握、移行後の組織・要員等の検討
平成19年
2月
厚生労働省、総務省のヒアリングを受ける
3月16日
市議会が「中核市指定の申出」議案を議決
(備考)中核市への移行について、市議会中核市移行調査特別委員会より、移行に向けた今後の取組み等に関する提言書 PDFファイル (69キロバイト)が提出されました。
4月26日
市長が知事に「中核市指定の申出」の同意を申入れ
7月19日
県議会が「中核市指定の申出」の同意議案を議決
7月31日
県が「中核市指定の申出」について同意
8月10日
市長が総務大臣に「中核市指定」を申出
11月21日
中核市指定の政令公布
平成20年
3月26日
知事と市長による事務引継式の開催
4月1日
中核市移行(政令施行)
保健所設置

このページについてのお問い合わせ

 総合政策部総合政策課
 電話番号:0942-30-9112 FAX番号:0942-30-9703 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ