トップ > 市政情報 > 計画・施策 > 公共施設最適化の取り組み > 久留米市公共施設総合管理基本計画を策定

久留米市公共施設総合管理基本計画を策定

更新日:201602150830


久留米市公共施設総合管理基本計画
キラリ輝く未来へ、良質な公共サービスを提供し続けるために

 わが国では、高度経済成長期に学校施設、文化施設、道路、橋梁、公園、上下水道等の公共施設を集中的に整備しており、現在これらの老朽化が急速に進行しつつあり、今後どのように維持更新していくのか、また、厳しい財政状況の中でどのように費用を捻出していくのかが喫緊の課題となっています。
 久留米市でも同様に、都市の発展とともに社会的需要や市民サービスの向上を図るため、学校や文化施設などの様々な公共施設を整備してきましたが、近い将来、施設の改修や建替え等に要する費用が市の財政運営に大きな負担となることが予想されます。
 さらに、人口減少や少子高齢化の進行、広域合併による都市環境の変化などに伴い、それぞれの施設を設置した当初に想定していた規模や機能などが、実態に即さない状況も予想されます。
 このような公共施設の現状と課題を整理するため、平成26年度には、『久留米市公共施設白書』を取りまとめました。
 そして、課題に対応していくための基本的な計画として、『久留米市公共施設総合管理基本計画』を策定しました。
 キラリ輝く久留米の未来に向け、時代に即した良質な公共サービスを提供し続けられるよう、今後は、本計画に示す方針に基づく具体的な取組みを計画的に進めていきます。

計画の概要

基本的な事項

推進方針

このページについてのお問い合わせ

 総務部行財政改革推進課
 電話番号:0942-30-9124 FAX番号:0942-30-9706 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ