トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 雇用・労働 > 女性労働者の活躍促進 > 女性活躍支援に取り組む意義・目的

女性活躍支援に取り組む意義・目的

更新日:201802131334


企業成長の鍵は、「女性の活躍」です。

少子高齢化が進む日本では、働ける人の数が減っていき、2060年には現在の約3分の2に減少すると推測されています。

育児休業などの制度が整備されていても、約6割の女性が、「残業が多くて仕事と子育ての両立が難しい」「保育園のお迎えが間に合わない」などの理由で、第1子出産を機に仕事を辞めています。

労働力人口減少の対応としても、育児や介護等と両立できる働きやすい職場を作り、その能力を十分に発揮できる社会づくりが必要です。

メリット

家事・育児など時間制約のある社員は、自ら工夫して業務の効率化を行い、残業を減らす働き方を身につけています。

残業を減らす働き方を社内に普及させることは、誰もがイキイキと働くことでき、会社全体の業務効率化にもつながります。

詳しくは、久留米市女性活躍推進事業のチラシをご覧ください。

チラシ表PDFファイル(833キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

チラシ裏PDFファイル(784キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

関連リンク

女性活躍推進法見える化サイト  女性の活躍・両立支援総合サイト  女性の活躍推進企業データベース 

女性の活躍 応援たい

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部労政課
 電話番号:0942-30-9046 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ