トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 雇用・労働 > はたらく知識・技能習得 > 久留米市若年者専修学校等技能習得資金貸与制度

久留米市若年者専修学校等技能習得資金貸与制度

更新日:201803201708


久留米市若年者専修学校等技能習得資金の概要

中学・高校を卒業または高校中退後、経済的な理由で専修学校等での修学が困難な方には技能習得資金の貸付制度があります。卒業・修了後、職業人として安定した生活を築く上で欠かせない職業技能の習得を目的としています。

貸付の対象者

次の1~3をすべて満たす方が対象となります。

  1. 久留米市内にお住まいの方(又はその被扶養者)のうち、入校年度の前年度に中学校、高等学校を卒業した方または高等学校を中退した方で、経済的な理由により専修学校等での修学が困難な方
  2. 次の学校に在学している方(平成30年度対象学校一覧PDFファイル(234キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
    • 専修学校のうち高等課程、専門課程(修学期間1年以上2年未満のものに限る)又は一般課程
    • 各種学校のうち修学期間1年以上の課程
  3. 地方公共団体、日本学生支援機構その他の奨学金等を受けない方

収入基準

経済的な理由により専修学校等での修学が困難な方とは、次のいずれかの世帯に属する人を言います。

  1. 生活保護を受けている世帯
  2. 市民税が非課税の世帯
  3. 市民税が減免された世帯
  4. 世帯収入の合計が生活保護基準の1.5倍以下の世帯

注意:2及び3は、世帯員全員の市民税が非課税または減免を受けている必要があります。

貸付金額(上限)及び貸付期日のめやす

次のいずれかもしくは両方です。
入校支度金:入学年度に100,000円(貸与決定後、7月上旬頃)
修学資金:月額30,000円、専門課程は月額53,000円(年間を3ヵ月ごとの4期に分けて貸与、概ね6・9・12・3月末頃)

返済期間

正規の修学期間の3倍の期間以内(最長12年以内)で月賦、半年賦、年賦もしくは1年以内の割賦の方法により返済していただきます。(無利息)
ただし、修了もしくは卒業後6か月間は据え置きます。

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部労政課
 電話番号:0942-30-9046 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ