トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 新産業の創出 > ベンチャー・新分野進出支援 > インキュベートルーム(貸しオフィス、貸し工場)

インキュベートルーム(貸しオフィス、貸し工場)

更新日:201705161028


起業・新分野展開を支援するインキュベートルーム

久留米市は、起業をしようとしている人や新分野での事業を始めようという人・起業を支援するために、インキュベート事業を行っています。

インキュベート施設紹介

インキュベート施設紹介
支援分野 施設名と施設用途 所在地・連絡先
バイオ関連企業の育成
福岡バイオインキュベーションセンター(F-BIC)
バイオの専門的な研究ができる貸し実験室
福岡バイオインキュベーションセンター写真
福岡バイオファクトリー(F-BF)
バイオ関連分野の製品の試作品を作ったりできる貸し工場福岡バイオファクトリー写真
株式会社久留米リサーチ・パーク
久留米市百年公園1-1
バイオ事業部
電話:0942-37-6124
ファックス:0942-37-6367
バイオに限定しないベンチャー・新分野進出支援
インキュベートルーム
事業の立ち上げ期に最適な貸しオフィス株式会社久留米ビジネスプラザ外観写真
株式会社久留米ビジネスプラザ
久留米市宮ノ陣町四丁目29-11
電話:0942-31-3104
ファックス:0942-31-3107
バイオに限定しないベンチャー・新分野進出支援
インキュベートルーム
事業の立ち上げ期に最適な貸しオフィスくるめ創業ロケット外観写真
くるめ創業ロケット(株式会社久留米ビジネスプラザ)
久留米市六ツ門町21番地6 久留米東町公園ビル1F
電話・FAX:0942-27-6144

入居の利点

インキュベート施設入居のメリット
施設名 入居メリット
福岡バイオインキュベーションセンター(F-BIC)
福岡バイオファクトリー(F-BF)
  • 株式会社久留米リサーチ・パークに整備しているオープン・ラボの各種実験機器を割引料金で利用できる。
  • 専門家による研究開発・ビジネス支援が受けられる
  • 福岡県新製品・新技術創出研究開発支援事業などのお手伝い
インキュベートルーム(株式会社久留米ビジネスプラザ)
インキュベートルーム(くるめ創業ロケット)
  • テナント賃料が通常の3分の1
  • 専門家による、経営全般に関するコンサルティングを定期的に受けることができる
  • インターネットが無料で利用できる

入居までのイメージ

インキュベートルームに入居したい人へ、入居までに踏むステップを分かりやすくお伝えします。

ステップ1 ビジネスアイデアの明確化[起業決意・情報収集]

起業を決意した久留米タロウさんのイラスト 社会人となり、10年以上会社に勤務している30代の久留米タロウさん。
これまでの経験を活かし、自分でやりたいことがある様子。
頭の中では、いろいろなアイデアが浮かびます。
そして、ついに会社から独立し、自ら事業を行うことを決意します。
狭くてもいいので、環境の整った賃貸オフィスを探したところ、株式会社久留米ビジネスプラザのインキュベートルーム入居者募集情報をゲットしました。

ステップ2 応募

インキュベートに入居するための申請書を提出するイラスト 株式会社久留米ビジネスプラザのインキュベートルームに入居するためには、応募書類を作成しなければなりません。
・事業計画書
・資金計画
・現実的構想
(注意)締切は応募時期により異なります。
(注意)応募様式は株式会社久留米ビジネスプラザホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますよりダウンロードできます。

久留米商工会議所が行っている創業塾で書き方を学ぶことができます。
創業塾のページへ

ステップ3 入居審査会

入居審査会でプレゼンを行うイラスト インキュベートルームに入居するには、「インキュベート入居審査会」での審査を通過しなければなりません。
タロウさんは、一生懸命ビジネスプランをプレゼンし、アピールします。
3名の審査員から「入居可」の判断がでれば、審査通過です。

ステップ4 入居

入居が決まり、今後に向けてやる気を見せるイラスト 見事審査会を通過し、入居が決まったタロウさん。
しかし、これがゴールではありません。3年間で事業として確立し、成長していくためのスタートラインに立ったのです。
これから、入居期間の3年間で、中小企業診断士や入居審査会でのアドバイスを聞きながら、独り立ちのために奮闘する日々が待っています。
このような、心強いサポートや入居することによる企業の信頼性アップは大きなメリットです。

卒業企業インタビュー

これまでインキュベートルーム(株式会社久留米ビジネスプラザ)に入居し、入居期間内に事業を拡大させ、現在も久留米市内で活躍する企業にお話をお伺いしました。
起業するに至ったきっかけや起業するうえで大事なこと、インキュベートルームに入居したメリットなどをお話いただきました。詳しい内容は、下記PDFをご覧ください。

株式会社トータルオフィス・タナカインタビュー記事画像 1.株式会社トータルオフィス・タナカ(平成19年4月入居、平成23年2月卒業)
株式会社トータルオフィス・タナカインタビュー記事PDFファイル(530キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

株式会社あおいくまインタビュー記事画像 2.株式会社あおいくま(平成22年11月入居、平成24年12月卒業)
株式会社あおいくまインタビュー記事PDFファイル(469キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ