トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 新産業の創出 > 福岡バイオバレープロジェクト > 福岡バイオバレープロジェクトとは

福岡バイオバレープロジェクトとは

更新日:201507291524


バイオ関連産業の集積地を目指して

福岡県と久留米市は、平成13年9月より久留米市を中心とする県南地域にバイオベンチャーや研究機関などのバイオ関連産業の集積を目指す「福岡バイオバレープロジェクト」をスタートしました。その推進体制として、産学官で構成される福岡県バイオ産業拠点推進会議を設置し、事務局を久留米リサーチ・パーク内に設置しています。
このプロジェクトでは、研究開発支援や専門人材の配置、インフラ整備などバイオ関連産業の集積を促進し、企業・大学等の研究機関、行政による産学官連携を行い、地域経済の活性化を目指します。

福岡バイオバレープロジェクト概要図

目標はバイオクラスターの確立

創薬やバイオツール、機能性食品、環境バイオの分野についてバイオクラスターの確立を目指しています。バイオクラスターの確立には新しいバイオベンチャー企業、リードベンチャー企業の創出やバイオ関連企業・研究機関の誘致・集積、産学官が連携した研究開発プロジェクトの実施などが必要です。

目標達成のために

研究開発支援や専門人材を配置し、技術面や経営面でのアドバイスを行っています。また、海外の見本市や展示会への出展などバイオ関連企業の海外展開の支援を行っています。バイオベンチャー育成のために、研究開発ができる福岡バイオインキュベーションセンターや実用化のための試作・製造ができる福岡バイオファクトリーを整備しています。

推進体制

バイオバレープロジェクト推進のために福岡県バイオ産業拠点推進会議を設置しています。産学官の「産」としてバイオベンチャー企業や地域バイオ関連企業、「学」として九州大学や久留米大学など、「官」として久留米市、福岡県、九州経済産業局などが参加しています。

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ