トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 新産業の創出 > 新製品・新技術開発支援 > 支援企業紹介

支援企業紹介

更新日:201411201343


市では、市内企業が活用できるさまざまな支援策を用意しています。その中の1つ、可能性調査(FS)事業を活用し、新製品・新技術開発に取り組んだ事例を紹介します。

これまでに支援した地域企業紹介

市は平成25年までに23件の支援を行ってきました。
皆さんの身近にあるものは、地域企業の研究開発により、日々進化を遂げています。
研究開発の思いや情熱をインタビュー記事にまとめました。

株式会社シマブン

グレーチングの製造・販売を行う会社(グレーチングとは、家庭用浴室、学校玄関・プール、駅構内等にある排水溝のふた)
可能性調査(FS)事業では、高級浴室向け木製グレーチング部材を開発し、世界初の木製グレーチング開発に成功しました。

株式会社シマブンインタビュー記事画像 株式会社シマブンインタビュー記事 PDFファイル (528キロバイト)

株式会社シマブン 可能性調査事業取組み内容記事画像 可能性調査(FS)事業取組み内容 PDFファイル (2,025キロバイト)

兼定興産株式会社

肥料・石灰等の製造・販売や農業用生産資材などの販売を行う会社。
可能性調査(FS)事業では、これまで使用期限が切れると廃棄処分していた消火薬剤を肥料へ変える効率的なリサイクル検討を行い、見事製品化に成功しました。

兼定興産株式会社インタビュー記事画像 兼定興産株式会社インタビュー記事 PDFファイル (648キロバイト)

兼定興産株式会社 可能性調査事業取組み内容記事画像 可能性調査(FS)事業取組み内容 PDFファイル (4,485キロバイト)

株式会社SING(シング)

シリコーンゴム製品の制作・販売を行う会社(キッチン用品や文房具類など)。
可能性調査(FS)事業では、オリジナルシリコーン商品のデザインと製造プロセスの開発を行い、開発商品「ON THE TOPS(オン ザ トップス)」は、福岡県産業デザイン賞を受賞しました。

株式会社SING(シング)のインタビュー記事画像 株式会社SING(シング)インタビュー記事 PDFファイル (472キロバイト)

株式会社SING 可能性調査事業取組み内容記事画像 可能性調査(FS)事業取組み内容 PDFファイル (2,579キロバイト)

城島瓦協同組合

鬼瓦で有名な城島瓦業者相互の連携強化のために発足した組合です。年々減少していく需要と生産者という問題を解決するために屋根瓦のみでなく、敷瓦も制作し、新たな活用法を提案しています。今回の可能性調査(FS)事業により、多様なデザインが可能となり、約30分の1のコストカットに成功しました。

城島 城島瓦協同組合インタビュー記事 PDFファイル (550キロバイト)

城島瓦協同組合 可能性調査事業取組み内容記事画像 可能性調査(FS)事業取組み内容 PDFファイル (2,344キロバイト)

株式会社木原ハイテック

タイヤ製造用の金型製造を行う会社です。航空機などに使われるような大型のタイヤ金型を製造しているのは、市内ではこの会社だけです。この大型タイヤ金型製造は、高度な技術力が必要不可欠で、熟練工の力によるところが大きかったですが、今回の可能性調査(FS)事業により業務の効率化に成功しました。

株式会社木原ハイテックインタビュー記事画像 可能性調査(FS)事業取組み内容 PDFファイル (558キロバイト)

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ