トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 開業・創業支援 > 創業について学びたい > 高校生ビジネスプラン・グランプリ

高校生ビジネスプラン・グランプリ

更新日:201711021458


久商生が2017年も「高校生ビジネスプラン・グランプリ」に挑戦

 2016年に続き、久留米商業高等学校の生徒が、日本政策金融公庫主催の第5回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」にチャレンジします!2017年は日本政策金融公庫の出張授業だけでなく、久留米の起業家による「地域資源を活かしたビジネスモデル」についての講義や、教室を飛び出しての課外ワークも行います。

コンテストに向けて特別授業を実施<後編>

平成29年9月6日(水曜日)より、後期の特別授業を実施。
全5チーム、無事ビジネスプランを完成させ、平成29年10月11日(水曜日)に提出しました!

生徒の質問に答える中原氏  ビジネスプランのプレゼンを行う生徒の様子

前期に引き続き、日本政策金融公庫の中原氏に出張授業を行っていただきました。

ビジネスプラン作成にあたって講義を行う筑後信用金庫玉眞氏

後期の授業では、筑後信用金庫様にも授業を行っていただきました!
1チーム1チーム、丁寧にご対応いただき、生徒たちも、プラン完成に向けて必要な情報を得ることができたようです。

ネットで情報収集する生徒の様子  生徒のビジネスプランを一緒に作成する筑後信用金庫緒方氏

生徒にアドバイスする筑後信用金庫玉眞氏  生徒と一緒にプランを作成する筑後信用金庫中島氏

コンテストに向けて特別授業を実施<夏休み編>

 夏休み期間中、くるめ創業ロケットの「金融機関による創業相談窓口」を利用し、ビジネスプランのブラッシュアップを行いました。また、相談日には、よろず支援拠点による経営セミナーも受講しました。

経営セミナーを受ける久留米商業生

2017年8月1日(火曜日)、生徒2名が「人が集まる良い会社セミナー」を受講しました。

生徒の相談を受ける筑後信用金庫の職員  アドバイスを基にビジネスプランを作成する生徒

2017年8月1日(火曜日)の相談は、筑後信用金庫様に受けていただきました。
アドバイスを基に、ホワイトボードを使って、アイデアを形にしていきます。

売り場づくりについてのセミナーを受ける生徒たち

2017年8月3日(木曜日)、6名の生徒が「買いたい!を引き出す売り場づくりセミナー」を受講しました。

ビジネスプランについて相談する男子生徒の様子  筑邦銀行職員に相談する女子生徒の様子

2017年8月3日(木曜日)は、3チームが「金融機関による創業相談窓口」を利用しました。
(うち2チームの相談を受ける筑邦銀行の大内田氏)

アイデアを金融機関職員へ説明する生徒の様子  福岡銀行職員と久留米商業の生徒の写真

1チームは、福岡銀行様に相談を受けていただきました。
アイデアを真剣に説明する様子、楽しくプラン作成を進めていく様子が伝わってきます。

経営セミナーを受ける生徒3名の様子

2017年8月24日(木曜日)、3名の生徒が「Facebook広告セミナー」を受講しました。

アイデアを出し合う生徒と金融機関職員  セミナー講師に相談する生徒たちの様子

2017年8月24日(木曜日)は、西日本シティ銀行様に相談を受けていただきました。
金融機関への相談の後、よろず支援拠点の講師へ「SNSを使った集客方法」や「フォロワーの増やし方」について、個別に相談を行った生徒たち。ビジネスプラン作成に対する、積極的な姿勢が見られます!

コンテストに向けて特別授業を実施<前編>

久留米の地域資源についての授業の様子

生徒たちは、地域課題を見つけることができたでしょうか?

生徒全員の写真

高校生ビジネスプラン・グランプリに挑戦する生徒たち

日本政策金融公庫中原氏  資料を読む生徒の写真

【講師】日本政策金融公庫 福岡創業支援センター 中原健氏

アイデア出しをする女子生徒の写真  ワークに取り組む女子生徒の写真

真剣にアイデア出しのワークに取り組む生徒たち

笑顔で講師に質問する生徒たちの様子  生徒の質問に答える講師の様子

笑顔で質問する生徒たち。高校生ならではの、面白いビジネスプランができるといいですね!

笑顔で発表する生徒の写真

授業の最後にアイデアの発表を行いました。

講師の古賀円氏

【講師】久留米絣みらい研究室 Coppolart(コッポラート) 古賀円氏
   「久留米絣のビジネスモデル」について

収支計画の立て方について話す古賀氏  絣のワンピースを着て話す古賀氏

自身の事業を例に話す古賀氏。生徒たちは、ビジネスプラン作成にあたってのヒントを得られたでしょうか?

生徒にアドバイスをする中原氏  生徒に発想のヒントを与える中原氏

 ターゲットを決めた後、ターゲットから連想する言葉やアイデアを書き出しました。自分以外の「誰か」が求めているモノ・コトを考えるのは難しいですね。

アイデアを発表する生徒  発表する生徒と笑顔で聞く生徒たち

授業の最後に発表を行いました。面白いアイデアが出たようで、発表する生徒も聞いている生徒もみんな楽しそうですね。

夏休み中のワークについて説明する久留米市職員

生徒たちに、くるめ創業ロケットの不織布バッグやクリアファイルなどを配布しました。

ビジネスプラン作成例について話す講師の中原氏  生徒にアドバイスする吉田先生と中原氏

 各グループ、アイデアをプランにするため、ターゲットやどのような商品・サービスを売るのかを考えました。すでに世の中に出ているものもあり、新商品を考えるのはとても難しいですね。

第5回「高校生ビジネスプラン・グランプリ」のスケジュール

平成29年9月15日(金曜日) エントリーシート提出締切
平成29年10月11日(水曜日) ビジネスプランシート提出締切
平成29年12月上旬 ファイナリスト10組決定
平成30年1月7日(日曜日) 東京大学にて上位10組による最終審査会

【久留米商業高等学校】
〒830-0051 久留米市南1丁目1-1
電話番号 0942-33-1285
FAX番号 0942-33-1891
久留米商業高校ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

過去の高校生ビジネスプラン・グランプリ

過去の取組みについては、こちらをご覧ください。
過去の高校生ビジネスプラン・グランプリ

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ