トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 開業・創業支援 > 創業について学びたい > 過去の高校生ビジネスプラン・グランプリ

過去の高校生ビジネスプラン・グランプリ

更新日:201708071658


久商生が高校生ビジネスプラングランプリに挑戦

コンテストに向けて特別授業を実施

 久留米商業高等学校の生徒が、日本政策金融公庫主催の第4回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」にチャレンジしました。活きた学習を取り入れ、実学教育の充実を目指す久留米商業高校と、起業教育に力を入れる日本政策金融公庫久留米支店を、くるめ創業ロケットがコーディネート。同校で2回の授業を行い、最終審査会出場を目指しました。

 高校生ビジネスプラン・グランプリとは、若者ならではの自由な発想や想像力を生かしたビジネスプランを競うコンテストです。実社会で求められる「自ら考え、行動する力」を養うことのできる起業教育を推進することを目的として開催されます。昨年は全国で264校(エントリー総数2,333件)の応募がありました。

ビジネスプラン校内発表会を実施しました

集合写真

 平成28年12月8日(木曜日)、久留米商業高等学校で、高校生ビジネスプラン校内発表会を実施しました。各チーム6分間でビジネスプランを発表し、最優秀チームには「くるめ創業ロケット賞」を、優秀チームには「優秀賞」を、くるめ創業ロケットより授与いたしました。

【各チームのビジネスプラン内容】

 

緊張しながらも、堂々とプランを発表する生徒たち

ビジネスプランを発表する生徒の写真  チームで協力して発表する生徒の写真

プランを思いついたきっかけを話す女子生徒の写真  発表する生徒と審査を行う審査員の写真

審査員からの質問に笑顔で答える生徒たち

審査員の質問に答える生徒たちの様子  質問に笑顔で答える生徒の写真

<校内発表会審査員>
日本政策金融公庫久留米支店長 須藤公昭氏/くるめ創業ロケット相談員 野上禎英氏/久留米市新産業創出支援課長 原稔治
久留米商業高等学校校長 江頭彰氏/久留米商業高等学校教諭 吉田光希氏

発表を聞く審査員と生徒たちの様子  日本政策金融公庫久留米支店長須藤氏

発表の最後に、須藤審査委員長より講評をいただきました。

目録を受け取る生徒たち  受賞のコメントを発表する生徒たち

審査の結果、優秀賞にはチーム「KURUKURU's」が選ばれました!

目録を受け取る最優秀のチーム  最優秀賞受賞のコメントを発表する生徒

最優秀チームは「とりっぴー」に決定!くるめ創業ロケット賞が授与されました。

第2回目の授業を開催しました

平成28年9月15日(木曜日)13時40分から100分間、久留米商業高校で2回目の授業を行いました。

講義をする屋敷氏と話を聞く生徒たちの様子  資料を見ながら講義を受ける生徒たちの様子

 授業の前半は、講師の屋敷氏作成の資料に沿って、売上高の算出方法と売上について(「誰が誰に商品もしくはサービスを売るのか」や「売上モデルのパターン」など)学び、後半はエントリーシートの作成に取り組みました。

日本政策金融公庫屋敷氏

講師:日本政策金融公庫 福岡創業支援センター 屋敷 宏光氏

笑顔で授業を受ける生徒たちの写真  講師の質問に挙手をして応える生徒たちの写真

屋敷氏の質問に笑顔で答える生徒たちの様子

生徒の質問に答える屋敷氏と久商の先生

生徒たちの質問に答える屋敷氏と久留米商業高校の吉田先生

案を出し合う男子生徒の写真  案を出し合う女子生徒の写真

グループに分かれて、ビジネスプランの案を出し合いました。

エントリーシート作成にあたっての、生徒たちのビジネスプラン案

 各グループ、ネットで検索しながら、久留米市の特産品やゴミの量、また、市内だけでなく周辺地域でどのようなリサイクルが行われているのかなどを調査しました。
 若者を集めるには、広報にも若者を使ったほうがよいなどの意見が出ていたほか、アイデアの出し方として、まずはターゲットを誰に絞るかを決定し、そのターゲットに向けて、どのような商品やサービスを売ることができるのかを考えるグループもありました。
 エントリーシート提出後、10月にビジネスプランシートを提出しますが、その際には今回作成したプランの変更が可能です。久留米商業高校の生徒たちが、実際にどんなビジネスプランを発表するのか楽しみです。

第1回目の授業を開催しました

授業風景全体図マスコミ撮影  授業の様子生徒たちの写真マスコミ撮影

平成28年9月7日(水曜日)12時5分から50分間、久留米商業高校で1回目の授業を行いました。

授業の様子講師と生徒の写真  講師日本政策金融公庫屋敷氏写真

講師:日本政策金融公庫 福岡創業支援センター 屋敷 宏光氏

【授業内容】

資料を見る生徒の写真  ビジネスプランを作成する生徒の写真

 プランを作成するにあたって必要なことやビジネスとは何かなど、日本政策金融公庫より、エントリーに向けて授業を行っていただきました。

生徒たちは、「やりたいこと」「できること」「社会が求めていること」が重なったものを事業として選択することや、「高校生らしさ」「地域性」「社会性」を出すこと、アイデアを思いついたらネットで検索することなど、ビジネスプランを作成するにあたってのヒントや手順が得られたようです。

授業の様子先生と生徒の写真  授業の様子先生に質問する生徒の写真

「高校生ビジネスプラン・グランプリ」のスケジュール

平成28年9月16日(金曜日) エントリー締切
平成28年10月12日(木曜日) ビジネスプラン提出締切
平成28年1月8日(日曜日) 東京大学にて上位10組による最終審査会

【久留米商業高等学校】
〒830-0051 久留米市南1丁目1-1
電話番号 0942-33-1285
FAX番号 0942-33-1891
HP http://www.kyusho.kurume.ed.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部新産業創出支援課
 電話番号:0942-30-9136 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ