トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 地域企業の支援 > 中心市街地活性化 > タウンモビリティ事業

タウンモビリティ事業

更新日:201804160909


タウンモビリティとは

高齢者や障害のある人などの街なかへの外出を支援

中心市街地商店街で実施しているタウンモビリティ事業では、高齢者や障害のある人などが気軽に外出できるように、一番街プラザと久留米物産館六ツ門店で車いすや電動スクーター、ベビーカーなどを貸し出しています。事前に利用者登録をすれば、ボランティアが介添えし、街なかへの外出や買い物などをサポートします。
また、月に1回お花見や陶芸教室などのイベントを開催し、ボランティアや他の利用者との交流の場となっています。

タウンモビリティ利用案内

ボランティアの介添え(自宅までの送迎あり)

車いす・電動スクーター・ベビーカーの貸し出し

ボランティアを募集

学生や社会人など、利用者の介添えを行うボランティアを随時募集しています。
資格などは必要ありません。 申し込みはNPO法人シニア情報プラザ(一番街プラザ内)へ。(電話番号:0942-32-0039または090-9586-0006 FAX番号:0942-32-0039)

このページについてのお問い合わせ

 商工観光労働部商工政策課
 電話番号:0942-30-9133 FAX番号:0942-30-9707 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ