トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 農林水産業 > 農業委員会に関する制度・手続き > 農地法第3条の許可申請に係る下限面積

農地法第3条の許可申請に係る下限面積

更新日:201808151335


農地法第3条の許可申請に係る下限面積について

平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部または一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところによりこれを公示したときは、その面積を農地法第3条第2項第5号の下限面積として設定できることとなっております。

また、「農業委員会の適正な事務実施について」が平成22年12月22日に一部改正されたことに伴い、農地法第3条第2項第5号の下限面積について別段の面積を設定している場合、その修正の必要性について毎年審議することとなりました。

これにより、久留米市の下限面積は次のとおりとなっています。

通常の農地法3条で取得する場合の下限面積(40アールまたは50アール)
下限面積一覧表PDFファイル(22キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

空き家情報バンクに登録された空き家に付属する農地をセットで取得する場合の下限面積(1アール)
農業委員会 農地の下限面積の引き下げについてPDFファイル(219キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
住宅政策課 空き家情報バンクについて

このページについてのお問い合わせ

 農業委員会事務局
 電話番号:0942-30-9236 FAX番号:0942-30-9717 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ