トップ > 産業・ビジネス・雇用 > 農林水産業 > 有害鳥獣対策 > 有害鳥獣捕獲について

有害鳥獣捕獲について

更新日:201707311722


鳥獣が農林水産物に被害を与えた場合、またはその恐れのある場合で、生産者自身による被害防除の実施、又は、追払い等を行っても被害を防止できないときには有害鳥獣として捕獲することが認められています。久留米地区有害鳥獣広域防除対策協議会で被害状況を調査し、捕獲方法を決定後、有害鳥獣捕獲を実施しています。

追い払い及び捕獲

捕獲前調査

捕獲方法

捕獲(駆除)のご相談

対象となる方

久留米市内で農林水産業を営む生産(販売)農家を対象とします。

ご負担

実施する際には捕獲費用の一部負担をお願いします。

注意事項

家庭菜園等は対象外となります。

ご相談窓口

久留米市役所
 農政部みどりの里づくり推進課 
 電話番号:0942-30-9165 FAX番号:0942-30-9717

久留米地区有害鳥獣広域防除対策協議会

活動内容

久留米市内の関係機関が協力して、農作物等に被害をもたらすイノシシ、カラス、カワラバト、ヒヨドリ、ムクドリ等の有害鳥獣の追い払いや捕獲活動を行っています。

久留米地区有害鳥獣広域対策協議会の役割と構成機関
役割 構成機関の名称
事務局、被害防止施策の立案 久留米市
地域での被害状況の情報収集及び調査
被害防止対策の指導
地域ぐるみによる総合的な対策を実施するにあたって、集落等 への連絡・調整を行う
JAくるめ
JAにじ
JA福岡大城
JAみい
JAみづま
田主丸町巨峰会
田主丸観光ぶどう協会
田主丸観光柿部会
捕獲の実施や技術指導
被害防除に対する助言
生息調査・研究
久留米猟友会

久留米市鳥獣被害対策実施隊

活動内容

主に有害鳥獣による農作物等の被害調査や生息域調査、侵入防止柵の設置指導等を行っています。警察からの野生鳥獣の出没に伴う緊急出動の要請にも対応しています。

実施隊員

久留米地区有害鳥獣広域防除対策協議会の捕獲員の中から推選された者で、銃器、ワナ、の免許を取得し、猟犬等を保持している隊員です。経験年数は15年以上、市から任命された8名以内の隊員と市長から指名された7名以内の市職員の合計15名で編成されています。

このページについてのお問い合わせ

 農政部みどりの里づくり推進課
 電話番号:0942-30-9165 FAX番号:0942-30-9717 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ