トップ > くらしの情報 > 環境・ごみ・リサイクル > 生ごみ減量・3R > 生ごみリサイクル・3R

生ごみリサイクル・3R

更新日:201812171050


今日からできる!生ごみリサイクル・3R

 毎日、家庭から出される「燃やせるごみ」の重量の約3割は「生ごみ」です。生ごみが減ると、燃やせるごみを出す回数も重さも減り、いつものごみ出しが楽になります。
 さらに、ちょっと手間をかけて堆肥にすると、無農薬の安心で安全な野菜づくりやガーデニングに利用できます。

 生ごみ減量のコツは、1買いすぎない、2捨てないで使い切る、3エコ・クッキングを実践する、4作りすぎない・食べ残さない、5生ごみの水切りをする、6生ごみや落ち葉などの堆肥化を実践するです。

 さあ!今日から生ごみ減量にチャレンジしましょう。

コンポスト容器・密閉容器電動式生ごみ処理機・電動式剪定枝葉粉砕機には、購入補助制度があります。
また、電動式生ごみ処理機で処理され、自家消費できない「乾燥生ごみ」を回収する「乾燥生ごみ活用事業」を行っています。

「生ごみダイエットハンドブック」の改訂版を作成しました

 家庭でできる生ごみ減量やエコ・クッキング、生ごみや落ち葉の堆肥化をまとめた「生ごみダイエットハンドブック」PDFファイル(28846キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますの改訂版を作成しました。
ご希望の方は資源循環推進課までご連絡ください。

このページについてのお問い合わせ

 環境部資源循環推進課
 住所:久留米市荘島町375
 電話番号:0942-37-3342 FAX番号:0942-37-3344 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ